インテリアの知識(木材の種類)

家具に使われる木材vol.29  ~モミ(樅)の木~

モミの木

今回は、クリスマスツリーでおなじみの「モミ(樅)の木」をご紹介いたします。

モミ(樅)の木は、日本では頻繁にクリスマスツリーに用いられる木材として有名ですよね。しかし、外国ではモミの木だけでなく、松も良く使われる木材で、ノルウェーではノルウェートウヒ(ドイツトウヒ)という種類が使われています。

続きを読む

家具に使われる木材Vol.28 ~スプルース材~

スプルース材

今回は、椅子や棚などに良く使われている木材である「スプルース材」についてご紹介いたします。
スプルース材とは、マツ科トウヒ属の常緑針葉樹を指す英名で、現在、北半球には約50種の樹種があると言われています。例えば、日本では「エゾマツ」「アカエゾマツ」、北米では「エンゲルマンスプルース」「ホワイトスプルース」「ブラックスプルース」、欧州では「ヨーロッパトウヒ(ホワイトウッド)」等が挙げられます。

続きを読む

家具に使われる木材vol.27 ~ミンディ~

ミンディ

今回は、肌目は粗いが加工がしやすい木材として知られる「ミンディ」をご紹介いたします。
ミンディとは、和名で「センダン」と呼ばれている木材で、英名で「Mindi(ミンディ)」と呼んでいます。生育場所は、台湾や沖縄等、各地で栽培されています。

続きを読む

家具に使われる木材Vol.26 ~バーチ~

バーチ

今回は、北欧家具にはなくてはならない木材である「バーチ」をご紹介いたします。

バーチ材とは、日本語で「樺」を意味しています。代表的なのはフィンランド産の樺材で、見た目と性質が桜とよく似ているため、樺桜とも呼ばれています。また、桜の代用として使われることも多々ある木材でもあります。

続きを読む

家具に使われる木材Vol.25 ~アカシア~

アカシア

今回は、世界三大銘木の1つウォールナット材にも似た風合いが人気となりつつある木材「アカシア」をご紹介いたします。

アカシアと聞いても、どのような木材なのか想像ができないかもしれませんね。それもそのはず、この木材は最近注目され始めた木材であり、今まではそれほど出回っていませんでした。

続きを読む

家具に使われる木材Vol.24 ~ラバーウッド~

ラバーウッド

今回は、ゴムを作り出す樹液が取れることでも有名な木材「ラバーウッド」をご紹介いたします。

ラバーと聞くと、卓球のラケットに貼られているようなゴム素材を思い浮かべますよね。英語でrubber(ラバー)とはゴムの意味を表していて、ラバーウッド=ゴムの木となるわけです。

続きを読む

家具に使われる木材Vol.23 ~屋久杉材~

屋久杉

今回は、樹齢が1000年以上という途方もない年月を経て来た上質の木材「屋久杉」をご紹介いたします。

屋久杉は、その名の通り、屋久島に生育する樹齢1000年を超えるの杉の木を指します。この屋久杉は一般的には屋久島に生息するものだけと思われていますが、実はそうではなく、薩摩半島や霧島山の麓に掛けても生息しているのです。私は、この記事を書くまでは屋久島産の裳のだけが屋久杉と呼ばれると思っていました。

続きを読む

家具に使われる木材Vol.22 ~桂材~

桂

今回は、日本全国に分布し、彫刻や家具などに使われてい来た桂材をご紹介いたします。

桂は、カツラ科カツラ属の広葉樹で、高さは30mほど、樹木の直径は2mほどにもなります。葉はハート形に近い円形が特徴で、秋には黄色に紅葉し落葉します。日本では全国的に分布しており、中でも北海道の桂は木目が細かいため、良質材として扱われています。

続きを読む

家具に使われる木材Vol.21 ~桐材~

桐材

今回は、古くから日本人の暮らしの中にあり、日本文化や歴史と深いかかわりがある桐材をご紹介します。桐は、ゴマノハグサ科の落葉高木で、原産は中国とされていますが定かではありません。日本では北海道から沖縄まで広く分布しており、中でも福島県の会津桐や岩手県の南部桐が有名です。

続きを読む

家具に使われる木材Vol.20 ~レッドシダー材~

レッドシダー

レッドシダーは、アラスカ南部~カリフォルニア北部にかけての広大な地域に分布する木材です。日本では、米杉やウェストレッドシダーという名前で広く知られている木材ですが、実はスギの仲間ではなくヒノキ科ネズコ属の樹木です。樹高は50m以上になるものが多く、直径もそれに比例するように大きくなって行きます。レッドシダー最大の特徴は、まっすぐに成長する点や、節が少ないという点。そのため幅が広く、長い材料を得ることができます。

続きを読む