インテリアの照明Vol.3 ~スポットライト~

スポットライトとは、壁面に飾ってある写真や絵画など物に光を当てたりするなど、一部を強調したいときに適している照明器具のことを指します。高い演出効果があり、美術館やギャラリーなどの演出が必要な施設では、必ずと言っていいほど取り入れられている照明です。最近は物に光を当てるという本来の役割以外にも、間接照明として取り入れるケースもあるようです。

 

住宅では、ライティングレールが簡単に取付できるような器具も販売されていますので、スポットライトを幾つか配置して、主照明として使用している方も多いですね。(※別売りのシーリングプラグが必要になる場合があります。)その際に気を付けたいのは、通常の電球だと熱を発しますので、空間が温まってしまうという点。特に夏場は以上に熱くなるケースもありますので注意したいですね。解決法としては近年多くなってきたLEDを使用すること。LEDは熱を発しませんので、空間を暖めてしまう事は少ないはずです。

(※器具自体の発熱はおさえられません。)

 

スポットライトを使うメリット

・自由に向きを変えることができる

・光を特定の物に当てることが簡単

・簡単に取付、取り外しができる

 

デメリット

・特定の方向に光が出るため、空間全体を照らすことが難しい

・角度などの微調整に手間がかかる場合がある

 

様々な使い方ができるようになってきたスポットライト。

これからも技術革新によりもっと多くの使い方ができるようになるはずです。

 

おしゃれな照明をお探しならコチラ↓↓↓

HAPSENT

 

古い工場にありそうなインダストリアルなデザインの照明

インダストリアルと言えば「工業的な」と言う意味が含まれていますが、今回はまさにこの「工業的な」と言う意味がピッタリな照明をご紹介します。

 

少し古い工場にあるような照明で思い浮かべるのは、円錐に近い形の物が多いと思います。この照明はまさにこの円錐の形をしたデザインで仕上げられており、それがまさにインダストリアルスタイルにピッタリな雰囲気を醸し出しています。

シェード部分のブラックの塗装はマットで仕上げられており、男前感を感じさせてくれます。シェード内部はクリームホワイトの塗装。効率よく光を反射してくれます。さらに魔法使いの帽子のような独特のデザインのシェードが、さらに効率よく下方向へ光を照らしてくれます。

 

ブルックリンスタイルのカフェや、男前インテリアに挑戦している方には是非取り入れてほしい逸品ですが、これから照明を選ぶ方にも是非検討していただきたいおしゃれなペンダントライトです。 

 

詳細・購入はコチラ

↓↓↓

http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000020

 

コチラからも購入が可能です。↓↓↓



インテリアの照明Vol.2 ~ペンダントライト~

ペンダントライトとは、コードやチェーンなどで天井から吊り下げるタイプの照明器具を指します。ダイニングテーブルやカウンターテーブルに配置して演出をしたり、階段や吹き抜け部分に配置することもできます。場面の違う空間でも使えることから、使う場所は限定せず主照明タイプとしてのペンダントライトから多灯向けのペンダントライトまで幅広いタイプがあります。
また、シェード部分には様々な素材が使われており、空間に合わせた素材選びも重要となってきます。例えば、今流行りの男前インテリアやアンティーク感の演出をしたい方であれば、金属系の素材のシェードを選ぶとさらに空間に磨きがかかります。和の空間であれば、木や和紙を使った物を選ぶと良いでしょう。

男前インテリアやアンティーク感の演出におススメの照明
↓↓↓
パデオ エポカ

取付はとても簡単で、引掛けシーリングにワンタッチで取付できてしまうものがほとんどです。店舗ではダクトレール(※図1)を設置して多灯付けできるように工夫しているところも多いですよね。コードの長さも専用の器具を使えばある程度調整が可能なので、テーブル全体を照らしたい場合には少し高めに調整して使用するのも良いでしょう。

最近では、LEDを使用できるペンダントライトも多くなってきました。省エネや長寿命と言ったメリットの他に、熱を発しないと言うメリットもあるLEDであれば、空間を暖めてしまうという事もありませんから、夏の季節には少しですが節電にも役立ってくれるはずです。

おしゃれなペンダントライトならコチラ↓↓↓
ハプセント

存在感のある金属素材を使用したレトロなペンダントライト

LEDでもアンティーク調の味わいを。そんな思いから生まれたペンダントライト「LED Epoca(エポカ)」。存在感のある金属を使用したレトロなシェードとLEDライトの組み合わせが絶妙です。 

シェードには金属素材を使用しており、アンティーク感の演出も完璧!!今流行りの男前インテリアに挑戦している人にもおススメですし、自分だけのこだわりのあるレトロな空間を作り上げるのも良いと思います。

エポカ

住宅だけでなく、飲食店や物販店などの店舗でも活躍できるこだわりの詰まった大人カッコイイ照明。

BARでレトロな空間を作り上げたいオーナーの方や、ブルックリンスタイルのカフェを考えているオーナーの方など、幅広いニーズに対応できる魅力のあるペンダントライトです。

 

詳細・購入はコチラ

↓↓↓

http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000019

金属の質感を味わう事のできるペンダントライト

今日は、金属の質感を味わう事の出来る照明をご紹介します。

通常の照明は、プラスチック系の素材を使ったり、金属系の素材でも塗装がされていて質感を楽しめなかったりしましたが、この「LED Padella(パデラ)」は違います。

パデラ

金属の質感を味わうために工夫されており、さらにコード保護として木材のウォルナットを採用していますので、金属と木材とのバランスがデザインのアクセントにもなっています。

 

カラーは3色から選べますので、テーブルや床、壁の色で選択してみては如何でしょうか!!

 

詳細・購入はコチラ

↓↓↓

http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000018

いろいろなデザイナーVol.6 ~アルヴァ・アアルト~

今回は、20世紀における代表的な近代建築家であり、現在の北欧デザインを築き上げた立役者「アルヴァ・アアルト(1898年~1976年)」について紹介いたします。
アルヴァ・アアルト(本名:フーゴ・ヘンリク・アールト)は1898年にフィンランド中西部のクオルタネで生まれました。1916年からヘルシンキ工科大学(現:アアルト大学)に通うようになりそこで建築の勉強を始めます。このころに彼は両親の住宅の建築を手掛けています。その後スウェーデンに渡り、建築事務所で働くようになります。そこでは教会の建築を手がけました。
1923年に少年時代を過ごしていたユヴァスキュラに戻り建築設計事務所を設立します。この時に、現在皆さんが知っているアルヴァ・アアルトと言う名前にしたと言われています。なぜこの名前なのかと言うと、諸説ありますがフィンランドの建築家リストで一番上になるように(Alvar Aalto)と考えられたようです。
翌年には建築家でもあったアイノ・マルシオと結婚。新婚旅行で出かけたイタリアで地中海文化に大きく魅了され、生涯にわたり影響されていきます。1927年に手掛けた建築が建築設計コンペで最優秀賞を取ったのをきっかけにフィンランド南西部にあるトゥルクに事務所を移転します。そして、翌年彼の代表作となるパイミオサナトリウムを手掛けます。

アルヴァ・アアルト

パイミオのサナトリウムとは、1933年に完成した結核療養所のことで、建物だけではなく、家具や照明器具、洗面陶器、扉の取っ手に至るまで、すべてアアルトがデザインした建物です。 これにより世界的にも知名度を得たアアルトは、近代建築国際会議の終身会員にも選ばれています。さらに、このサナトリウムの設計で手掛けた家具が彼を家具デザイナーとしても有名にします。それが「パイミオチェア」です。このパイミオチェアは、結核患者の人たちが座っても呼吸が楽なようにと背もたれの角度が考えられ、当初はスチールを用いた設計だったものを、心を癒すために木材を使ったデザインへ変更して制作されました。

パイミオ

パイミオチェア以前にもスツール60等(アアルトレッグ(L-レッグ)という特殊加工でも有名なスツール)の家具を手掛け評価を得ていましたが、パイミオチェアをきっかけに家具の世界でも精力的に活動するようになります。1935年には、現在でも有名な家具ブランドとして知られるアルテックArtek)社を妻と知人とで設立。その後1937年に開催されたパリ博覧会にアアルト・ベースというガラス製品を出品しさらに注目を集めます。
第二次世界大戦後、1946年にはドイツ軍により破壊されたサンタクロースの町、ロヴァニエミの復興の都市計画から加わります。
その後、たくさんの建築を手掛け1963年~1968年まではフィンランド・アカデミーの会長を務めました。
そして、1976年ヘルシンキにて生涯を閉じます。
建築や家具の世界に大きな影響を与えたアルヴァ・アアルト。その影響は大きくアアルトがデザインした家具やガラス食器は、現在でも非常に人気があり、たくさんの人々から愛されています。

 

アンティーク感のある家具をお探しの方におススメなサイト↓↓↓

ハプセント

スタッキングした姿までもが美しい椅子。

スタッキングした時にこれほど美しい椅子が今までにあっただろうか。
背もたれの曲線と、脚部の納まり。積み上げているだけなのにとても見ごたえのある椅子です。
通常の椅子であればスタッキングした椅子は隠して置くと言うのが通常です。
それは、見た目があまり良くないため、隠しておくのが良い考えるからです。しかしこの椅子は違います。スタッキングするだけで絵になる椅子ですから、たとえ見えたとしても不快感を与えることはありません。
モニカ
カラーも全部で6色ありますから、すべて違う色で重ねることができればとてもカラフルなスタッキングが完成します。
空間全体でみれば、6色すべてを導入することは少ないかもしれませんが、もし導入できればとても魅力的なフォルムを見ることができます。
モニカ
椅子自体の素材は、オーク材を使用していますのでモダンスタイルや今流行りの男前インテリアにも合わせる事ができます。
もちろん色の選択は重要ですが、木そのものが質感や木目の持つ美しさが際立つ椅子です。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000180

インテリアの照明Vol.1 ~照明の種類~

インテリアには椅子やソファー、テーブルなど様々なものがあります。その中にはなくてはならない照明も含まれています。
一言に照明と言っても様々な種類があり、その用途に応じて配置場所や使い方も異なってきます。
このシリーズではそんな照明について書いていきます。
店舗や一般的な住宅で使われている照明でも様々な種類があり、その名称を知らない方も多いと思います。初回は、そんな「照明の種類」についてです。
照明の種類
上の図のように様々な形がありますがまずは名称から説明していきます。

①スタンドライト
基本的には床に置いて動かす事ができる物をこう呼ぶことが多いです。部屋のコーナーやテーブルサイド、ベッドサイドに置いてあかりを演出します。

②スポットライト
壁面に飾ってある写真や絵画など物に光を当てたりするなど、一部を強調したいときに適している照明器具です。
最近では、リノベーション時にダクトレールを配置して、自由に照明の位置を動かせるようにすることも多くなっています。

③ペンダントライト
コードやチェーンなどで天井から吊り下げるタイプの照明器具を指します。ダイニングテーブルやカウンターテーブルに配置して演出をしたり、階段の吹き抜け部分に配置することも多い照明です。

④シャンデリア
ペンダントライトの一種として考えられているシャンデリアですが、他のペンダントライトとは違い装飾性が高く華やかな物を指すことが多いです。洋風な空間に合わせるとより空間の演出ができます。

⑤ダウンライト
天井に埋め込んで取り付けを行う照明のことを指します。埋め込むことで天井がフラットになるため他の装飾の邪魔になる事がありません。基本照明から演出まで幅広く使われています。最近では照明部分の可動範囲も広がり、スポットライトっとしての役割を果たすことのできる器具も発売されています。

⑥シーリングライト
直接天井に取り付ける照明で、部屋全体の明るさを確保するために用いられています。以前は蛍光灯を使う事が多かったのですが、最近ではLEDを使用したものが多くなってきました。

⑦建築化照明
室内装飾の一部として天井や壁などに照明器具を組み込み、建築部材そのものが照明装置であるかのように演出している照明。
この照明は、設計の段階から並行して計画する必要があるため、配置する際は慎重に行う必要がある。

⑧ブラケットライト
壁や柱に取り付ける補助的な照明。アクセント的な使い方で雰囲気のある光の効果を生み出します。個性的でアンティーク感のあるデザインが多いため、店舗の照明でも多く用いられています。

⑨テーブルスタンドライト
①で紹介したスタンドライトをテーブルに置けるように小型化した照明器具。読書や作業用の机の上に置くことが多く、最近ではLED照明を使用したもので、細かく調光ができるタイプが人気となっています。

⑩フットライト
廊下や階段などで足元を照らしてくれる照明。センサーが取り付けられていて自動的に点灯することができるものが重宝されています。足元を照らすことで安全性を高めることもできます。
以上10点について、簡単に書いてきましたが、それぞれの照明については改めて深く掘り下げていこうと思います。

おしゃれな照明器具ならコチラ↓↓↓
ハプセント
 

家具に使われる木材Vol.3 ~チーク材~

家具の制作に欠かすことのできない木材。家具制作にはたくさんの種類の木材が使われていますが、今回は「チーク」について書いていこうと思います。
チークは落葉樹で、主な原産地は東南アジアの熱帯地域を中心に広がっています。
堅くて丈夫な事で知られている「チーク」ですが、木自体に良質の油分やタールを含んでいるため、鉄の腐食を防ぎ、油分の中に殺虫効果のある成分が含まれていることから、防虫・防腐処理を施さなくても虫が付きにくく屋外でも使用できる木材として重宝されています。虫が付きにくいという点が特徴でもありますが、虫が付きにくいという事は木材にとって丈夫で長持ちすることを意味しています。過酷な条件下でも痛むことの少ない「チーク」材は、19世紀から20世紀初頭まで、高級家具や豪華客船、高級列車など多くの場面で使われていました。重要な建築物にも使われていて、未だに残っている建物も多くあります。

チーク

このどこでも使える!と言う特性から、家具はもちろん、建築、造船、建具、桟橋などなど様々な用途に使われており、ウォールナット、マホガニーと並ぶ世界三大銘木とも言われています。
そして、このチーク材は古ければ古いほど高値で取引され、古いチーク材を「オールドチーク」とも呼んでいます。
このオールドチークは、古い建物が解体された際出てくるのですが、近年では建物が木からコンクリートへ変化したため、オールドチークを手に入れることが難しくなってきました。その為、市場に出た際にはさらに高値が付くようになり、さらには通常のチーク材も徐々に金額が上がり、家具に使われる機会が減ってきてしまいました。 
チークはもともとの色が焦げ茶色ですが、経年でさらに色が濃くなり、ツヤまで加わります。
経年変化とツヤの具合から、落ち着いた雰囲気を演出できることも人気で、ヴィンテージ感やレトロ感を取り入れる機会が多くなってきた最近のインテリアスタイルにはとてもよく合う木材なのです。
しかし、先程も記載した通り、高級木材となっているチーク材ですから、チーク材を使った家具はどうしても高級家具になってしまいます。なかなか手が出せないかもしれませんが、チーク材は丈夫で長持ちしますから、使用年数を考えれば決して高い買い物にはならないと思います。もし機会があれば是非検討してみてくださいね!!

ビンテージ感やレトロ感のある家具ならコチラ↓↓↓

ハプセント

座面を回転させることで座る高さを調節することができるスツール!

今、ちょっとしたブーム??を巻き起こしている座面回転式スツール。座面の部分を回転させると高さの調整ができてとても便利なスツールです。
今回ご紹介するスツール「ドリエル」もこの回転式の物。しかも、最も高い位置が665mmまで上がるので、ハイスツールとしても使える優れもの。他の回転式のスツールではなかなか見られない高さなのでそれだけでも価値のあるスツールです。
ドリエル
仕上げもこだわりがあります。座面に使われている物は天然木で、脚の部分はスチール製。ヴィンテージ感を演出するためにガンメタルの仕上げとなっているのでその点も魅力の一つ! フローリングや棚・テーブルがダークな色合いの男前インテリアを目指している方はもちろん、キッチンや棚などをスチールベースとしている空間や、コンクリートの質感を生かした空間など様々なスタイルにも対応できそうな仕上げとなっています。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000172

コチラからも購入が可能です。
↓↓↓