小型ながら調光機能が付いたペンダントライト

小型のペンダントライトと言えばただ単に光っているだけで、調光機能が付いているものはほとんどありませんでした。そんな中、光源にLEDを採用することにより、調光機能を搭載できるようにした照明が今回ご紹介するペンダントライトです。

ファング ペンダントライト

上部に付いているつまみを回転させるだけで調光が可能!!100%~20%の間で調光できます。(※調光器(ライトコントロール)との併用はできません。調光器及び照明機器の故障の原因になります。)

ファング ペンダントライト

光源自体はLED 6W(白熱球30W相当)と少し暗めですが、玄関や廊下などの狭い空間で使う分には十分な明るさが確保できます。また、ダクトレールを使えば多灯付が可能になりますので、主照明としても活躍ができます。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000262

光触媒で部屋の空気を綺麗にできる照明

光触媒で部屋の空気を綺麗にしてくれるテーブルライトをご紹介します。

と言っても、そもそも光触媒とは何でしょうか???

光触媒とは、太陽や蛍光灯などの紫外線を含む光が当たると、表面で強力な参加が生まれ、接触してくる有害物質を助教することができる環境浄化材料のことを言います。原理まで細かく解説したいところですが、それはまたの機会に!!

今回はこの作用を持った照明「ペーパーフォレスティ テーブルライト」を紹介します。

ペーパーフォレスティ

この照明のシェード部分に使われているのが光触媒を含む紙。光触媒紙(エアクリーンペーパー)は葉っぱの形をしていて内側から光が当たると、壁に影が映し出され、森の中に居るような雰囲気を演出してくれます。

ペーパーフォレスティ

さらに、隙間から零れる光は、森の中の木漏れ日をイメージさせ、ゆったりとした時間を過ごしているような雰囲気に浸ることができます。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000294

技術革新が生んだ目に優しいLED照明

一般的な照明は、光に多少のチラつきがあり、それが目の疲れや肩こりなど体への負担となっています。

しかし、今回ご紹介する照明は特殊技術によりそのチラつきをゼロにすることに成功。体への負担を減らしてくれます。

ドットLED照明

さらに、光源のカバーに使われている部分には曲線を取り入れ、暗くなりがちな天井も明るく照らしてくれます。

天井が明るくなると言う事は、部屋全体の明るさが一段階上がるのに等しい効果!!

さらに、ライティングレール(ダクトレール)を使えば複数のドットLEDを取り付けることができますので、主照明として使うこともできます。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000279

黒板とチョークが遊び心のある照明

シェードに遊び心を持たせた珍しいペンダントライト。

シェードに黒板塗装をしてチョークで絵を描けるような工夫を施し、毎日見ることがある照明に変化を持たせています。

グラフィティ

黒板塗装には「アルキド樹脂塗装」を採用しています。この塗装は耐水性に優れており何度水拭きしても大丈夫!!毎日絵を描き替えるのも良いですね。

グラフィティ

光源にはLEDを採用していますから発熱も防ぐことができ、火傷の心配もありません。電器をつけたまま、チョークアートを楽しむこともできます。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000261

暖かみのあるウッドが特徴のフロアーライト

木の温もりと、オーロラをモチーフとしたこの照明は、自然の中に身を置いているような安らぎを与えてくれます。

アウロウッド フロアーライト

極限まで薄く削り出したヒノキは、木の特徴である美しい木目や色を浮かび上がらせ、暖かみを感じることができる空間を演出してくれます。このぬくもりのある灯りは、ストレスから解放し、気持ちを軽やかにしてくれます。

導入にオススメなのは、一日の疲れをとる寝室!!この照明でゆっくりとした時間を過ごし、深い眠りへと導いてくれます。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000031

こちらからも購入が可能です。↓↓↓



サイズの違うテーブルをセットにした商品

通常、一つで使うことの多いサイドテーブルをあえてセットにして販売。
照明を置くなどの通常の使い方以外にも、テーブル同士を積んで棚のような使い方をしたり、スツールとして使うこともできちゃいます。
ウッドサイドテーブル
サイズが違うので、使わない時は重ねておくことも可能です。
収納場所も一つ分ですみますからとても効率的。使い方は人それぞれありますが、このサイドテーブルを皆さんはどのように使いますか!?

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000008

こちらからも購入が可能です。↓↓↓



無垢材とスチールの組み合わせが男前!!

背もたれの無垢材と脚部に使われているスチールが、今流行りの男前インテリアにピッタリな椅子。

スチール部分には粉黛塗装を施し、マットな質感に仕上げています。

ケルトチェア

脚部に使われているスチールは細めの物を採用。この点は軽量化に貢献しており、持ち運びもラクラクな重量感です。

さらに、座面にはクッションを備えていますから長時間座っていても疲れにくい設計になっています。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000225

こちらからも購入が可能です。↓↓↓



美しい曲線が見事なペンダントライト

オーロラのフォルムを見事に表現したペンダントライトをご紹介します。
オーロラ特有のカーテンのドレープを見事に表現し、部屋全体を幻想的な雰囲気へと変えてくれるそのシェードは美しい曲線がとても魅力的。
アウロM
カラーは2色。
ホワイトは乳白色のシェードで、部屋全体を優しい光で包んで切れます。
もう一方はアイス。これは透明なシェードで光を部屋全体に拡散してくれます。
アウロM
いずれも部屋全体を照らしてくれることに変わりはありませんが、ある程度の明るさが必要な場合はアイス(透明)がオススメです。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000218

取り付けも取り外しも簡単なシーリングライト

通常のシーリングライトは少し違うシーリングライトをご紹介します。
引掛けシーリングに取り付けることは通常と変わりがありませんが、ペンダントライトにみられるシーリングカバーのような形のライトキャップに電球を取り付けるような構造をしているシーリングライトです。
バルブライトキャップ
ライトキャップ部分は熟練の職人さんが丹念に手作業で作った逸品!
「へら絞り」と言う加工技術で作られたこのライトキャップは、熟練の職人さんが丹念に手作業で作った逸品。その美しい曲線はまさに職人技が光っています。
バルブライトキャップ
このライトキャップはいくつかのパターン(真鍮、銅、アルミ)が用意されており、それぞれにヘアライン加工が施され、レトロな雰囲気も演出されています。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000278

ヒノキのシェードが美しいドレープを形作る照明

シェード部分にヒノキの間伐材を採用したブラケットライト。
普通で考えれば、すぐに割れてしまいそうな印象がありますが、そこにはある工夫が施されています。
その工夫とは、0.1mmの厚さで削り出された木材2枚の間に、特殊なシートを挟み接着して強度を上げるというもの。このおかげであの美しい曲線を作り上げることができています。
アウロM
内側から照らされた木材のシェードは、美しい木目を浮かび上がらせるだけではなく、木材の暖かみのある色で部屋全体をぬくもりのある空間に演出してくれます。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000023

コチラからも購入が可能です。↓↓↓