「Gift Show 2017 LIFE×DESIGN」\kiitosのイベント散策 vol.7/

皆様こんにちは!デザイナーのヤマザキです。

2/3のタイヘン寒い日にKiitos Design のメンバーと家具部門のHAPSENTのオールメンバーで、東京ビッグサイトで行われた、【Gift Show 2017  LIFE×DESIGN】に行って参りましたー☆

この展示会は毎年開催される「暮らしのデザインの見本市」。
雑貨屋さんの買い付けバイヤーさんが見るようなプロダクト製品から、今流行のセルフリノベができるパーツ類まで展示されている素敵なデザインのモノ・コトは多岐に渡ります。

今年のコンセプトは「洋服を着替えるように、住まいを自分流にコーディネート」だそうです!個人的な話ですが、ヤマザキがインテリアに関わるものとして心に掲げたテーマの一つと同じで!何だか会場に入る前から嬉しくなってしまいました☆

毎日のお洋服を考えるが如く、4つの季節でお洋服を変えるように、インテリアも変えていっていいものだと考えています☆ こういうインテリアに関するフットワークの軽い考え方はどんどん浸透していってほしいし、お洋服を変えるような感覚のお手伝いをデザイナーとしてさせて頂きたいなあ?と!

【Gift Show 2017  LIFE×DESIGN】の今年の展示テーマは、大きく6ツのコーナーに区切られていました。
1.再新のデザイン雑貨と現代的なクラフトアイテムを発信するエリア
2.新進気鋭のクリエーターやデザイナーの新作発表の場
3.ニッポン伝統の技術がひかる各地方のブランドを出した日本ならではのコーナー
4.日本のモノ作りを支える「素材」を建築やアートに広げたもの
5.リノベーション家具やパーツなどのリノベーション情報がたくさんのエリア
6.リビング・ダイニング・バスなどのハイデザインのインテリアを集合されたエリア

約600社前後の企業さんがきていまして、来場者は50000人だそうです!スゴイ!
普段ワレワレがよく行く、建材や内装部品の展示会とは異なり、多くが雑貨屋さんのバイヤーさんに向けたプロダクト等のブースが多いのですが、【デザインされたモノ・快適なライフスタイルの提案】という目的でくくられている会場全体のパワーは、デザインに関わるものとしてマストは【わくわく感】を奮いおこしてくれました☆
デザインに対するエネルギーがこちらにもビシビシ伝わってきましたよー

今回残念ながら写真がNGだった為、琴線に引っかかったいくつかの企業様をご紹介します☆キートスのインテリアデザインで、これらの会社様のプロダクトが反映される日も遠くないかもしれません(*^_^*)

■三代目板金屋 さんのORIGAMIシリーズ■

江戸時代駿河の国(今の静岡県)では刀鍛冶の職人さんが多くいたそうです。そんな金属の芸術家と呼ばれる先人たちの感性や技術をルーツに、切り、曲げ、叩きの基本技術
磨きあげ、現代の感性と融合させたプロダクトが特徴です。
☆ここのブースはステンレスの美しい光沢と曲げの技術がカッコよく照明や家具に生かされていました!見たことない家具やシャープでクールな空間のアクセントが欲しいときにオススメです☆

https://www.bankin-ya.jp/products/item/origami/

■灰一株式会社さんのBO!NG洗面ボウルなど■

【世界初の柔らか素材×洗練されたフォルム】をコンセプトに掲げたスペイン製の洗面ボウルのブランドです。カラバリが10色で、フニフニっとした新しい感触に、たくさーんの人が集まっていましたよ☆お子様が角に触っても痛くないのでキッズスペースなどにGOODです☆ヤマザキもいつかキートス設計するお店でコンセプトが合えば、是非お客様に進めてみたいです。店舗デザイナーはもちろん、リノベを考えている施主さんにも魅力的ではないでしょうか?灰一株式会社さんは日本での正規取扱い店です。

http://www.haiichi.com/boing/#products

■モメンタムファクトリーさんの銅製品■

会社がある富山の高岡は400年の伝統を持つ銅器製造のまちです。そこで培われた千変万化の銅の表情を出す、職人さんたちの技術と現代のイマジネーションが組み合わさり、とても魅力的な色合いが出ているプロダクトばかりでした!
HAPSENTのスタッフも精力的にお話を伺っていましたよー!もしかしたらいつか商品を取り扱わせていただけるかもです(*^_^*) この独特の風合い、色合いは是非HPでご確認くださいね。ホンットウに銅の青が素敵です☆

http://www.mf-orii.co.jp/

ここにご紹介させて頂いただけでなく、まだまだ魅力的なプロダクトや材料がたっくさんあって、ご紹介したりないのですが、、、(;ω;)

鋭いセンスの若手のブースもたくさんあり、デザイン感度をアップロードできた一日だったように思います☆
またキートス、ハプセントメンバーで発見した素敵なモノ・コトを見つけましたらこちらでご紹介いたしますねっ☆☆

【クールに決めたきゃ時にはガマン?!】\デザインスタイル vol.6〜クールデザイン〜/

内装においてはあまり聞きなれないかもしれない「クールデザイン」。
でも、日本語の意味においての”デザイン”である限り、アパレルでもインテリアでも、デザインの種類を表す言語ではある種の共通性はあります。
アパレル・ファッションにおける”クールスタイル”とは、
モノトーンやゴールド・シルバー色を中心に、
シャープな形の洋服を、
アダルトに、洗練された着こなし、かと思います。
内装に置き換えてもキーワードは同じこと。
カラー:ブラック、シルバー等
形:丸み、というよりはシャープ
柄:無地、ストライプ等絵柄というよりは洗練された模様
ここに内装ならではの要素として
素材:アルミ等金属系、ガラス、ミラー、ウッドより石タイル
照明:電球色よりは蛍光色、間接照明、高輝度
が入ってきて、
全体的に、マットというよりはツヤ有りの構成になると思います。
Coolは英語でも”かっこいい”という意味で使われるように、
デザインにおいてもすっきりとしたかっこよさを表現する言葉ですが、
同時にCoolが持つ本来の意味である”涼しい”問いう部分も同時に表現されてしまうのが、
わかっていながら、実はあまり強調されない、このクールデザインの特徴ではないでしょうか。
逆の見方からすると、
温かみを内装で表現する場合、
木の素材を活かし、
暖色系のオレンジ等のカラーコントロールをし、
電球色で温かみを持たせる、
というのがオーソドックスな内装デザインかと思いますが、
上記の要素はすべてクール素材では省かれます。
冬のアパレスファッションでも、
「おしゃれしたいなら多少寒いのは我慢。」
と言った発言はよく聞きますが、
内装デザインにおいてもクールスタイルを取り入れると、
・温かみ
・アットホーム
と言ったコンセプトはどうしても排除されますので、
それらの要素が必要な、例えば、
・エステサロン
・鍋が売りの飲食店
等の店舗デザインにクールスタイルを取り入れる場合は<要注意>となりそうです。

全体をブラックのアルミパネル中心で構成したファサード。

ガラスのFIX窓と把手のゴールドがアクセント。
josies-well01
Bar Josie’sWell

コンクリート打ちっ放しの建物に、ステンレス製の逆ハコ文字サインがスタイリッシュ。
life01
LIFE

モザイクタイルとゴールドを煌びやかに輝かせた圧巻の受付カウンター。
gltmedocalclinic01
GLT Medical Clinic