ファイヤーエスケープ(FireEscape)を設置してみた

収納している内容が簡単に確認できるスタッキングボックス。

スタッキングボックス

店舗やオフィス、住宅などでは、収納が非常に大事ですよね。住宅では造作家具などを駆使すればかなり効率的に収納して、整理整頓が可能ですが、店舗やオフィスではなかなかうまくいきません。そこでご紹介したいのがスタッキングが可能な収納ボックス。しかも、収納しているものが簡単に確認できるので、毎回、蓋を開けて中身を確認するという手間を省くことが可能です。

続きを読む

臨場感のある演出が可能になるファイヤーエスケープ。

ファイヤーエスケープ

今、人気のインテリアスタイルと言えば、金属系の素材を取り入れたインダストリアルスタイルやブルックリンスタイルが有名ですよね。これらのスタイルは、工業的な雰囲気がカッコ良くて男前!!という点から、日本では男前インテリアと呼ばれることもあります。

続きを読む

レトロな空間演出にお薦めのアンティークスツール。

アンセムスツール

アンティークな空間と言えば、使い古したような小物や雑貨などを飾ったり、壁面にもヴィンテージを感じさせる加工を施したりと様々な方法を用いる事があります。その中でも最も重要な物が、アンティーク感を演出できる家具達。この家具達にレトロな雰囲気があれば、より一層魅力的な空間を作り上げる事が可能です。

続きを読む

ファイヤーエスケープをイメージして作られた壁面収納。

ファイヤーエスケープ バルコニー

アメリカの古い建物でよく見かけるファイヤーエスケープ(非常階段)。映画などでも良く見かけますよね。なんだかレトロな雰囲気もありますし、このような設備はSOHOでも見かける事ができますから、この設備があるだけでインダストリアルな雰囲気もプラスする事が出来ますよね。

続きを読む

ファイヤーエスケープを設置してみました。(総括)

ファイヤーエスケープ

今まで、ファイヤーエスケープの設置について書いてきましたが、如何でしたでしょうか。壁面に設置するための材料探しから、設置する方法の検討、さらには設置した後の飾りつけまで、様々な問題が有りましたね。これは、実際に設置しようとしないと分からない事も多くありましたので、とても良い勉強にもなりました!!

続きを読む

ファイヤーエスケープを設置してみました(設置編②)

ファイヤーエスケープ

前回まではファイヤーエスケープの壁面への取り付けや、ベースとなっている合板を壁へ固定する方法を書きました。その検証により、パネル用の両面テープでは、合板の反りにより壁面に固定することはできないことが判明しましたよね。

そこで登場する新しい固定方法は、結束バンドとつっぱり棒を使ったもの。この固定であれば、両面テープの粘着力によって壁面のクロスが剥がれてしまう心配もありませんし、壁面と合板との間にある程度の隙間ができますから、木ネジでファイヤーエスケープを固定しても、壁に穴を開けてしまうなんて心配もありませんよね。

続きを読む

ファイヤーエスケープを設置してみました(設置編①)

ファイヤーエスケープ

前回は、壁面に取り付けたパネルの状況や違う方法での固定方法などを検証いたしました。結局はパネル用の両面テープでの固定を諦めて、突っ張り棒を使っての固定方法へ変更となりましたね。

今日は、ファイヤーエスケープをパネルへ固定する過程をお伝えいたします。

続きを読む