北欧家具に頻繁に使われるペーパーコード編みを採用した椅子

ザ・チェア(ペーパーコードタイプ)

ミッドセンチュリーという激動の時代に活躍したデザイナー「ハンス・J・ウェグナー」。彼の手掛けた椅子は、優雅な曲線が魅力的で、名作と言われる椅子が数多くあります。その名作椅子の中から「椅子の中の椅子」という異名を持つ「ザ・チェア」をご紹介いたします。

ザ・チェア(ペーパーコードタイプ)
以前にも、ご紹介したこのザ・チェアですが、今回は、リプロダクト品にしかない特別仕様です。その仕様は、北欧家具に頻繁に用いられるペーパーコード編みを座面に用いた物。ペーパーコード編みは、適度なクッション性があり、夏は涼しく、冬は温かな肌触りが特徴です。紙紐と聞くと、耐久性に問題があるように思いますが、水に濡れても拭いて乾かすだけで問題は有りません。
ザ・チェア(ペーパーコードタイプ)
ザ・チェア(ペーパーコードタイプ)

ペーパーコードの編み方は、北欧家具などに用いられているスタンダードな編み方。中心部分に向かってへこみがあり、座った時にもしっかりとお尻を支えてくれて、長時間座っていても疲れにくい設計になっています。

ザ・チェア(ペーパーコードタイプ)

座面を支えているのは北米産のアッシュ材。木目が美しく、優雅な曲線は、他のインテリアとの相性も抜群です。脚部の先端には、フェルト生地が付けられていますから、床面を傷つける事も有りません。

 

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000457

 

こちらからも購入が可能です。↓↓↓↓↓



-------------------------------------------
店舗用・飲食店用の家具・什器の通販
HAPSENT
URL: https://www.hapsent.com/
-------------------------------------------

店舗にオススメの家具・什器のオンラインショップを始めました!

キートスでお客様のお店の内装デザインをお手伝いしていく中で、どうしてもお手伝い出来なかったお店様もありました。大抵の場合はお金と時間の問題が原因でした。
時間も、お金も制限があり、まずは利益化のために最短で店舗をオープンしたいというお客様のために、店舗に向いた家具・什器を集めました。
お客様の求める環境や雰囲気の演出、デザインの力を持った家具を取り揃えましたので、是非一度ご覧になって下さい。

店舗家具・什器の購入はコチラ

コメントを残す

*


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)