レトロな取手と花柄飾りガラスが特徴のAVボード

アンティークAVボード

ニュースやドラマ、エンタメなど団らんの場には欠かすことができないテレビ。そのテレビは大抵の場合、AVボードに乗せて使用していますよね。リビングやお部屋の一番目立つ場所にあるこのAVボード。インテリアをどんなにカッコイイものにしたとしても、目立つ場所にあるこのAVボードにこだわりがなければ、台無しになってしまいますよね。今回は、このAVボードの中でアンティーク感満載の物をご紹介したいと思います。

続きを読む

ウッドとブリキを組み合わせたサインポットパネル。

サインポットパネル

木製のサインパネルにブリキ製のグリーンポットを組み合わせた珍しいアイテムをご紹介いたします。このパネルには、所々にキズや剥がれたような跡が見受けられます。これはわざと付けられたもので、この演出をすることにより使い込んでいるかのような使用感を演出することができます。

続きを読む

周りのスチールがレトロな雰囲気を感じさせるブラックボード

スチールブラックボード

様々な場所で見かけるブラックボード。飲食店では、ランチのメニューを書いたり、イベントの案内を書いたりと大活躍のはず。そんなブラックボードですが、外で良く見かけるタイプのものは一般的にA看板と呼ばれるタイプで、横から見たときの形がアルファベットの「A」に似ていたことからこの呼び名が付きました。しかし、ブラックボードはお店の外だけでなく中でも活躍していますよね。今回は店内で使える少し小さめのブラックボードをご紹介いたします。

続きを読む

インダストリアルな雰囲気が溢れるアイアンシェルフ。

アイアンウッドシェルフ(3段)

アイアンで作られたフレームに、マンゴーウッドで作られた棚を組み合わせたインダストリアル感あふれるシェルフ。フレームと棚板にはエイジング加工が施されていますから、空間にはレトロな雰囲気もプラスできます。棚は全部で3段。本を入れたり、雑貨や小物を並べるなど様々な用途にオススメです。

続きを読む

小窓のようなデザインとブラックボードを組合わせたアイテム

ウォールブラックボード

壁面に取り付ける小窓のようなデザインのブラックボード。お部屋のアクセントとしてもしっかりとした存在感がありますし、家族への連絡用のボードとしても活躍してくれます。存在感のあるこのウォールブラックボードは店舗でも活躍してくれるはず。価格を書いたり、商品のセールスポイントを書いたりすれば、お客様へのアピールにもつながりますよね。

続きを読む

無骨で重厚感のあるアイアンデスクライト。

フェリコデスクライト

無骨で重厚感のあるアイアンデスクライト。アイアンの素材感は何とも言えないものがあり、インテリア空間にビンテージ感をプラスしてくれます。インダストリアルスタイルや男前インテリアを実践している方にはなくてはならないこの素材感。少し冷たい印象もありますが、それが空間を引き締めてくれます。

続きを読む

アイアンガードがインダストリアル感を演出する照明。

アイアンガードライト(アンティーク)

アイアンで作られたガード部分が、インダストリアルな雰囲気をしっかりと演出してくれるペンダントライト。無骨だけど、どこかアンティークな雰囲気もありますから、アンティーク調のインテリアにも合います。もちろん工業的な雰囲気を中心としたインテリアスタイルである、インダストリアルスタイルや男前インテリアにもピッタリです。

続きを読む

インダストリアルなフォルムが魅力的なシェルフ。

アイアンウッドシェルフ(2段)

アイアンとマンゴーウッドを使用したインダストリアル感満載のアイアンウッドシェルフ(2段)をご紹介いたします。フレームにはスチールを採用。そのフレーム同士を繋ぐ金具も、インダストリアル感を演出するのに一役買ってくれています。少しだけ飛び出たようなナットは、レトロな雰囲気さえ感じます。

続きを読む

アンティーク感たっぷりのアイアンプレート

アイアンライフプレート

レトロな雰囲気を作るためには様々なアイテムと素材が必要です。その中でもアイアンは、使い古したような加工を施せば、アンティーク感のある雰囲気を作る事ができますし、空間に若干の重量感を与える事もできます。木ばかりでなんだか締まらないなぁと思っている方は、小物でも良いので空間に取り入れてみると、雰囲気がガラリと変わりますよ。

続きを読む

梯子の形をした見せる収納アイテム。

ラダーラック

最近はやりのテラリウムやフェイクグリーンなど、インテリア空間に小物が充実している方も多いと思います。しかし、それらの小物をどのように置いていますか?AVボードや棚の上に置いているだけ・・・と言う方も多いはず。しかし、それらの小物はちょっと違った飾り付けをしてあげれば、また違った魅力が見えてきます。そこで今回は、少し変わったラックをご紹介いたします。

続きを読む