美しい曲線のガラスシェード

このペンダントライトを取り付ければ、部屋に花を咲かせたような華やかさを演出できます。ガラスシェード

ガラスシェードが持っている曲線も特徴的で、直線的な光がこの曲線で優しく暖かな光へと変えてくれます。このガラスシェードをライティングレールなどを使って複数取り付ければ、部屋全体を優しくそして明るく照らすてくれます。その様はまるで太陽に照らされたお花畑をイメージさせるような雰囲気さえあります。

詳細・購入はこちらから。
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000204

LEDの技術を活かした極小ペンダントライト

LEDの登場により、大きく変化している照明器具。大きさが変わったり、今まで入れることができなかった場所にも光源を入れ込むことができるようになったりと、本当に幅が広がってきています。

今回ご紹介する照明もまさにこのLEDライトの技術革新があったからこそ生まれた照明。

LEDロゼッタ

シェード部分は、Ø80mm×H79mmと極小サイズ。遠くから見ると光が浮いているように錯覚してしまう程です。しかし、小さくても十分な光量があり、従来の白熱電球で考えると40W程度の明るさを確保しています。

LEDロゼッタ

ダイニングなどの広い空間で1灯使いをするのは少し頼りないかもしれませんが、数個組み合わせてあげればしっかりとテーブルを照らしてくれます。シェードも小さいくデザインされていますから、空間にアクセントを付けるというよりも、空間に上手く溶け込んで様々なスタイルに合わせることができるはずです。

おしゃれな照明ならコチラがお薦め!!
↓↓↓
ハプセント

LED搭載。円盤型のマルチなテーブル ライト。

円盤形のテーブルライト。光源には省エネで長寿命のLEDを採用。LEDは直線的な光源でテーブルライトには向いていないとされていましたが、技術革新とシェードの工夫によりそれを克服。スタイリッシュで都会的なテーブルライトが完成しました。

LEDカペラ

カラーはシルバーとホワイトの2色が用意され、それぞれに違った素材が使われています。

シルバーではアルミを採用し、金属の質感と近未来的な雰囲気を感じさせてくれます。ホワイトではシェード側面にファブリック(布)を採用しており、優しい光が空間を照らしてくれます。

LEDカペラ

照明のベースにはテーブルの上に置くタイプと、天板に挟み込むクランプ式があります。天板を広く使いたいという方にはクランプ式がオススメです。クランプ式は板厚が10mm~50mmまで取り付け可能です。

詳細・購入はこちらから
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000311

バスケット付きでとても便利なハンガーラック

洋服を掛けると言えばハンガーラックですが、洋服を掛けるという機能だけではなく、バスケットを取り付けることにより収納力を持たせたハンガーラックもあります。それが今回ご紹介する「アイアンハンガーラック&バスケット」

アイアンハンガーラック&バスケット

ハンガーラックの幅は620mm、奥行きは460mmとなっており、それと同じようなサイズのバスケットが取り付けられています。バスケットの深さは約270mm。それほど深いものではありませんが、バッグや小物を収納するには十分な容量を確保しています。また、脚にはキャスターも付いていますので移動も簡単にできちゃいます!!

おしゃれな家具をお探しならコチラがお薦め!
↓↓↓
ハプセント

アイアンアルファベットプレート

アイアンを使った雑貨は空間を演出するのになくてはならないものです。特に今流行りのインダストリアルスタイルやブルックリンスタイルには絶対に必要な存在です。店舗でもこのようなスタイルは多くなっており、細部にまでこだわりを見せているお店も多く見かけます。

アイアン文字

店内に飾る小物や照明器具、家具に至るまで幅広い拘りを見せていますが、今回ご紹介するのは、アイアンを使って作られた文字。様々な文字がありますが、今回は幾つかの文字を組み合わせて「OPEN」の単語を作りお届けいたします。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000126

こちらからも購入が可能です。↓↓↓



ベッドサイドにも最適なテーブルライト

今回は、調光スイッチが付いたテーブルライトをご紹介します。

ベッドサイドで使うときには明るさの調節ができるライトがあると、とても便利です。読書をするときは明るくしておき、寝る時には暗くする。調光機能が付いていないとこんな使い方はできませんよね。主照明をその都度消したりするのも大変ですし、ベッドに入ったまま調整ができるのはとてもいいですよね!

トモステーブルライト

カラーは2色。アンティークブラウンとブラッククローム。レトロな雰囲気を演出してい場合は、アンティークブラウンがオススメ!!周りの家具ともしっかりとマッチします。

tomosuテーブルライト

使う場所はベッドサイドだけとは限りません。和室に取り入れるのも良いですし、飲食店では通路に感覚をあけて置けば足元を照らすことができるだけでなく、アダルトな雰囲気も演出することができます。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000310

木にスチールの天板をあわせたローテーブル。

テーブルでは木製の天板は普通に見ることができます。しかし、木製の天板はキズがつきやすいという欠点があります。今回ご紹介するローテーブルは、その欠点を解消するため天板にスチールを採用しました。
マホガニーローテーブル
単なるスチールの板では重くなってしまいますので、天板に穴をあけて軽量化を実現。
書き物をするという点では、少し不利になりますが、このテーブルの上でパソコンを使うという方には利点があります。ノートパソコンでは、再度に冷却ファンがありますが、実は下にも付いているものがあります。普通のテーブルだと、このファンは塞がれてしまい、十分に役割を果たすことができていない状況になります。しかし、このローテーブルは、天板に穴が開いていますから、そこから冷却をすることができるのです。そうすれば効率的にパソコンを冷やすことができますので、寿命も少しは伸びるはずです。

おしゃれな家具ならコチラ!!
↓↓↓
ハプセント

ヨーロッパ風のレトロなアイアンタオルハンガー

何気ない部分にオシャレな雑貨を飾り付けると、なんだか気分が上がりますよね!!

特に自分が作り上げてきた空間にマッチしていればしているほど、その満足度は高く気持ちが高揚していくのがわかる人も多いと思います。今回ご紹介するのは、中世のヨーロッパを思わせるようなアイアンのタオルハンガー。

アイアンタオルハンガー

最近は男前インテリアやインダストリアルスタイルなんかが流行っていますが、このスタイルはアイアンと木をバランスよく取り入れたスタイル。家具や雑貨にアイアンを取り入れていくのですが、それが思うように行かず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方はまず小物から少しずつ変えていくのがオススメ!!

今回ご紹介しているようなタオルハンガーから変えていって、徐々に慣れていけば大きな家具を変えてみると言うのでもいいと思います。一気に大きな家具の変更は勇気が必要ですから、まずはこういった小物からあチャレンジしてみては如何でしょうか!!

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000076

こちらからも購入が可能です。↓↓↓



レトロな佇まいとシェードが特徴的なフロアライト

フロアライトと言うと、円筒形のシンプルなシェードの形をしていて部屋の隅にあるイメージがありますが、今回は、特徴的なシェードを持っていて、佇まいもレトロなフロアライトをご紹介します。

フロアライト

魔法使いが被っているような帽子の形をしたシェードは、角度を変えることができ、上に向ければ間接照明としての役割も果たすことができます。さらに高さの調節も可能ですから、机のわきに置いてデスクライトの代わりに使うこともできますし、ソファの横に置いて、読書をしている手元を明るく照らすこともできます。

スタンドライト

シェードの内側は艶のあるホワイトで塗られており、効率的に光を反射してくれます。外装はマットなブラックで塗装を施し、レトロな雰囲気を演出しています。コードにはON/OFFのスイッチも付いていますからとても便利です。

詳細・購入はコチラ
↓↓↓
http://hapsent.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000298

こちらからも購入が可能です。↓↓↓



インテリアの照明Vol.7 ~ダウンライト~

ダウンライトとは、天井に埋め込んで取り付ける照明器具の一つ。 天井に埋め込んで設置するため天井面がフラットになるという特徴があり空間を広く見せることができます。 基本的には補助的な照明として使われることが多いですが、近年ではLEDや他の技術の向上により主照明として用いられるケースもあります。 基本形状は筒状になっており、天井内部に埋め込んで空間全体、壁面、床面を照らします。
ダウンライトといっても幾つかの呼び方があります。
ベースダウンライト
主に空間全体を均一に照らしてくれるダウンライト。照射の向きを変えることができないもの。
ユニバーサルダウンライト
照射の向きを変えることができるダウンライト。壁面にも光を向けることができますので、スポットライトとしての役割を担うこともできます。
傾斜天井用ベースダウンライト
傾斜天井でも光が床面に垂直に当たるように設計されたダウンライト。
シーリングダウンライト
埋め込みができない場合に活躍するシーリング型のダウンライト。
センサー付きダウンライト
人が近づくとセンサーにより点灯。また人がいなくなれば自動的に消灯する機能を備えています。
ダウンライトの形も天井の断熱施工により若干変わってきます。
過熱による火災を防ぐ意味合いもあり、ダウンライト内部のまわりは空間を確保する必要が有ります。この空間を確保したダウンライトをS形ダウンライトと呼び、SB形、SG形、SGI形に分かれています。何を選ぶかは天井の断熱工法により異なります。
天井の施工方法については、ブローイングマシンという専用の機械で綿状の断熱材を吹込むブローイング工法と、マット状の断熱材を敷き詰めるマット敷工法があり、それぞれに対応できるもの、できないものが有りますので、簡単に下記に記載いたします。
・SB形 ブローイング工法、マット敷工法に対応
・SG形 マット敷工法に対応(地域により使用できない)
・SGI形 マット敷工法に対応(全地域使用可能)
S形以外には、M形というものもありますが、これは断熱施工に対応していないダウンライトになります。S形に比べて熱を直接感じてしまいますので、配置するには一定の条件が必要となります。
・住宅では使用できない。
・照明器具と断熱材又は防音材との間に一定の距離が必要。
・十分に冷却できる空間が必要
このM形については、急激な温度上昇があった場合に消灯する、サーマルプロテクタを内蔵しているものも有ります。
空間演出に欠かすことができないダウンライト。様々な仕様のものが出てきていますので、工夫次第では今までにないような空間演出も可能になってきています。皆さんはどのようなダウンライトを選びますか?!

おしゃれな照明が盛りだくさん↓↓↓↓↓

ハプセント