家具

ミンディ材を使ったコーヒーテーブル

ミンディ材

今回は、肌目は粗いが加工がしやすい木材として知られる「ミンディ」を使用したコーヒーテーブルをご紹介いたします。ナチュラルな木肌を演出できるミンディ材は、和名で「センダン」と呼ばれている木材で、英名で「Mindi(ミンディ)」と呼んでいます。生育場所は、台湾や沖縄等、各地で栽培されています。

続きを読む

マンゴーウッドを使ったコーヒーテーブル。

今回は、マンゴーウッドを天板に採用したコーヒーテーブルをご紹介いたします。
コーヒーテーブルのサイズは、W900mm×D460mm×H370mmとなっています。リビングでも自分の部屋でも使える、使い勝手の良いサイズに設計されています。

天板に使われているマンゴーウッドは、ウルシ科の広葉樹で、樹高は10m~30m程度にまで成長し、幹の太さは60cm~100cmを超えるものまであるそうです。おいしい果実を実らせることで有名な木ですが、たくさんの実をつけるのは若い樹木で、老木になると実を付ける数が少なくなりやがて伐採されてしまいます。その伐採された木を、家具や建具材として再利用しているのです。

続きを読む

アンティークな雰囲気を一気に高めてくれるチェスト。

トレヴァーチェスト6段

インダストリアルスタイルなどに見られるアンティーク調のスタイル。使い古されたような加工が施された小物や雑貨などを使い、そのスタイルを演出していますよね。今回は、そんな様々なアイテムの中から、収納としても最適なチェストをご紹介いたします。

続きを読む

ミッドセンチュリーを支えた巨匠デザイナーの名作椅子。

イームズダイニングサイドシェルチェア(ファブリック)

1950年台前後に活躍したデザイナー達。この時代をミッドセンチュリーと呼び、多くの名作家具が生まれました。その中でも、成型合板と言う技術は、家具に多くの変革をもたらしました。この技術を使ってたくさんの家具を生み出したのが、チャールズ・イームズです。

続きを読む

いろいろなデザイナーVol38 ~ブルーノ・マットソン~

ブルーノ・マットソン

今回は、スウェーデンの家具デザイナーとして知られる「ブルーノ・マットソン(1907年~1988年)」をご紹介いたします。

ブルーノ・マットソンは、1907年にスウェーデンのヴェルナモに5代続く家具工場の息子として生まれました。5代も続く工場で生まれたマットソンは、当然のように家具職人としての知識等を学んでいきます。

続きを読む