2014年もありがとうございました-KIITOS!

本日仕事納めとなりました。

本年も皆様に暖かく迎えて頂き、

渋谷区恵比寿、武蔵野市境、宮城県仙台市、品川区上大崎、

千葉市中央区、江東区門前仲町、世田谷区奥沢、

などなどその他たくさんの所でお手伝いさせて頂くことができました。

そして先日気づいたら

写真

ちょうど20,000km!

といっても今年だけの距離ではなく、ほとんどは電車移動ですが^^

来年も引き続きご愛顧頂けたら幸いです。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

La Comodita<ラ コモディタ>神保町店

2年半程前の2012年6月に内装デザインから施行迄お手伝いしましたコモディタ神保町店。

オーナー様とは度々お会いしているのですが、昨日近くを通ったので久しぶりに覗いてみました。

IMG_8513

可愛いトリコロールの自転車が止まってますが、恐らくシェフのものです^^

ちょうどお昼時だったので食べていこうかと近寄っていったのですが、

IMG_8515

お店の中は大繁盛で、今回は諦めました。

コモディタさんはとっても美味しい本格イタリアンなので残念です。。

こちらはメニューにも出ている通り、”炭火焼”の鉄板焼き物が豊富なので、お近くの片は是非!

ランチもセットが色々あるので、気分で色々選べますよ。

IMG_8514

ご興味のおありな方は→La Comodita<ラ コモディタ>神保町店

(実績写真はこちら

また、姉妹店が小川町にあります→La Comodita<ラ コモディタ>小川町店

(実績写真はこちら

思えばこの小川町店をお手伝いしてからのお付き合いだからちょうど丸5年だなぁ。

東京ラーメンショー2014 第1幕

先日、打合せが近くだったので、東京都の駒沢公園で催されている東京ラーメンショーに行ってきました。

IMG_8286

スタッフと一緒だったので、これはみんなで色々食べられる、ということで、

まずは一番気になったこちら。

IMG_8288

麺屋つくし×大島×らーめん福籠

というコラボのその名も「札幌濃厚旨味噌ラーメン 2014バージョン」

IMG_8289

味噌はとっても旨かったのですが、そもそも中太ちぢれ麺が好きなので、麺自体の歯ごたえも美味でした!

加えて、メンマがとっても美味しかった!

何が特別なんだろう。。。

続いて。

IMG_8292

豚骨っぽいの行っとこう!ということで

佐伯ラーメン愛好会の「大分佐伯ラーメン」

豚骨の中でも王道の博多ラーメン等もあったのですが、こちらのキャッチコピー

『ガラパゴスな進化を遂げた、中毒者続出のがっつり九州豚骨ラーメン!』

に惹かれ、中毒者になりたくて購入。

予想外にさっぱり豚骨だったのですが、確かに後惹く旨さでした。

そして、ココからは変わり種。

IMG_8301

上越革麺会の「越後上越白湯〜雪中華〜」

ちょっとあんかけっぽい麺に絡まるスープが、高級中華料理やの様で旨かった。

最後に、せっかくだから、一時話題になったこちら。

IMG_8302

北陸福井麺和会の「極旨濃厚味噌”ベジポタ”」

”ベジタブル”を”ポタージュ”にしたスープが特徴の味噌ラーメンなのですが、以前TV等の特集で見たことがあった時、変わってるけど食べには行かないだろうな〜、と思っていたので、この機会に試食したかった。

という程度だったのですが、予想に反して、濃厚で、でも野菜なのでさっぱりで食べ易い!

これは驚き新発見でした。

IMG_8304

ふらっと寄った割にはついつい堪能してしまった東京ラーメンショー。

第2幕がこの3連休までやっているのでもしかしたらまた行ってしまうかも。。。

 

 

 

 

オフィス デザイン 設計 施工 打合せ@恵比寿

本日はオフィスのデザイン設計施工のお打合せに恵比寿の施工会社参に打合せに行ってきました。

IMG_8076

ちょうど昼頃についたので、ランチに行こう、ということになり、近くの

「焼鳥ボンボン」

というお店に行ったところ、

「自信があるなら大盛りが良いよ。にやり」

と言われ、特に自信があった訳ではないのですが、

「これはフリだな。」

と思ったので、チキンカツカレー大盛りを頼んだ所、来たのが、

IMG_8074

どぉぉーん!

チキンカツが3枚乗ってました。。。

ちなみに連れて行ってくれた社長が頼んだ、チキンカツ定食(小)が、

IMG_8075

これ小じゃなくて並じゃないか?!

 

すっかり胃袋の上の上までイッパイになりました。。。

稲荷森稲荷神社 秋祭り

この週末は近所の世田谷区桜丘にある稲荷森稲荷神社のお祭りを見てきました。

IMG_8042

と入っても地元の小さな神社です。

こんなサイズ。

IMG_8043

でもこちらの地域の若者が古紙、段ボールを収集して建造した自慢の大太鼓が神輿の前を先導するお祭りで、その大きさは東京でも有数で、稲荷森稲荷神社の象徴となっているそうです。

IMG_8044

ちなみに、稲荷森稲荷と書き、「とうかんもりいなり」と読む変わった名前で、古い言い伝えでは、「奥州へ落ち延びた源義経を追って静御前がやってきて、この神社で一夜を明か した」と言い伝えられてきたそうです。

【No.31】ユリの木公園<せたがや百景>

大分このテーマはご無沙汰でしたが、久しぶりに見つけたので

せたがや百景 第四回です。

今回は珍しく寺社ではなく、公園です。

IMG_7919

公園と言っても遊具があるような遊び場ではなく、北沢川緑道の一部で、世田谷線の山下駅から小田急の経堂駅付近までの600mほどで、その区間はレンガが敷き詰められた緑道となっていて、ユリの木公園と名付けられています。

ユリの木と言っても「百合の木」ではなく、正式には「ユリノキ」というモクレン科ユリノキ属の落葉高木だそうで、緑道整備の際に近隣住民の要望によって植えられたそうです。

IMG_7918

これから紅葉も見られますが、この時期は爽やかで気持ちいい空間です。

 

世田谷八幡宮 秋季大祭ー奉納相撲ー

自宅近くにある世田谷八幡宮にて、先週末、毎年恒例の秋季大祭がありました。

IMG_7792

毎年ぶらっと行っているのですが、

今年は去年まであったシャーピンのお店が出店していなくてちょっと残念でした。

このお祭りには小学生の頃から断続的に行っているのですが、

昔は毎年行っていた境内裏に出ていた型抜きのお店もいつからか見かけなくなったなぁ。。

それでも、

IMG_7794

こちらも毎年通うケバブのお店や、

絶品のじゃがバターのお店は健在で、

IMG_7793

例年通り賑わっていました。

 

ちなみに、こちらの神社には土俵があり、毎年奉納相撲が行われるのが特徴です。^^

 

 

横浜DeNAベイスターズ vs 中日ドラゴンズ@横浜スタジアム

昨日はベイスターズファンの友人に横浜スタジアムに連れて行ってもらい、久しぶりの野球観戦をしてきました。

IMG_7799

息子もじっくり観戦してます。

IMG_7798

途中マスコットの「キララ」ちゃんが席の前まで応援に。

最後は応援のかいあってブランコの劇的サヨナラホームラン!

IMG_7806

楽しい休日でした!

お店を造る費用について(2) パスタの値段は決まっているのに・・・

パスタ屋さんに行くとします。

Exif_JPEG_PICTURE

テーブルにつくとメニューが出てきて、

・カルボナーラ ¥900

・ペペロンチーノ ¥800

・蟹のトマトクリームパスタ ¥1,200

等値段が書かれています。

注文を決める際は、何を食べたいのかは勿論、価格も重要な決定要素だからです。

 

ではなぜ内装工事費は最初から値段が決まっていないのか。

それは何をどれくらい、どのように使用するかが決まっているかいないかの差になります。

 

カルボナーラを調理する際に、どこのパスタ、玉子、生クリーム、ベーコンをどれだけ使って一人前を造るかは事前に決まっているのに対して、

内装工事では、どれだけの壁を立て、その壁を何で仕上げるか。空調設備の馬力は、照明の数は、それら全てお店により異なる為、事前に素材や量を決めることが出来ず、よって、事前には金額が分からないのです。

またそれは、物件をかりる際の状況により、ガスを新たに引く必要があるのか、内壁は立っているのか等設備の既存状態も大きく関わってきます。

上記の内容を決めていくのが図面になり、その一式が揃ってはじめて、使用する材料とその量が決定され、それに対していくらかかるのかの計算が出来るのです。

 

ここまでで内装工事費を決める為には図面一式が必要だ、という事がご理解頂けたかと思います。

そこで、引き続き、その図面とはどうやって造っていくのか、また、図面を基に自分の予算内に内装工事費を持って行くには、というお話を出来たらと思います。

 

お店を造る費用について(1) 内装工事費を決めるのは図面!

弊社ではホームページからのお問い合わせを良く頂くのですが、その中でも最も多いのが費用についてです。

お店を造ろう、と思い立った時、

「お店を造るのにいくらかかるのだろうか?」

と誰もが思う事でしょう。

ですが、なかなかこの問いにお答えするのは難しいのです。。。

お店を造る際の初期費用は

初期費用

こういった物が挙げられます。(詳しくは→お店を造ろう!と思ったら

”開店準備費”は皆さんで計算出来ると思いますし、

”物件取得費”は不動産屋さんに伺えば分かるでしょう(大体保証金が家賃の3〜10ヶ月分)。

問題は”内装工事費”にいくらかかるのか、という事です。

内装工事費にはデザイン設計費と工事費の2種類があり、デザイン設計費に関しては凡そのめどはつきます。

弊社でも基本的には70万円〜とお伝えしており、坪数や作業期間、打合せ量、図面量等に比例して前後しますが、20坪以内の飲食店やエステ等店舗で3ヶ月以内でお仕事が終わる場合はそれを超える事はあまりありません。

ですのでそう難しくは無いのですが、問題は施工費なのです。

 

Q「15坪のカフェをやりたいのですがいくらかかりますか?」

A「すいません。現況の状態によって様々です。」

Q「施術室を3室も受けたエステを開きたいのですがいくらですか?」

A「すいません。店舗の条件によりまちまちで一概にお答え出来ません。」

Q「10坪のバーを開くので家具・設備・厨房一式揃っており、表層替えだけしたいのですが、いくらで出来ますか?」

A「すいません。どのグレードで表層を仕上げるのかによります。」

 

どう聞かれても「◯◯◯万円です!」と即答出来ないのが実情です。

ではどうしたら費用が分かるのか。

ズバリ、図面一式が揃っていたら金額が出ます。

正確な金額をお出しするには図面が必須になるのです。

 

なぜ図面が必要なのか。

それだけ重きを置く図面とはどういう物なのか。

その辺の続きを改めて近々書きますね。

今日の所は、

「内装工事費を決めるには図面一式を揃えること!」

です。