「Gift Show 2017 LIFE×DESIGN」\kiitosのイベント散策 vol.7/

皆様こんにちは!デザイナーのヤマザキです。

2/3のタイヘン寒い日にKiitos Design のメンバーと家具部門のHAPSENTのオールメンバーで、東京ビッグサイトで行われた、【Gift Show 2017  LIFE×DESIGN】に行って参りましたー☆

この展示会は毎年開催される「暮らしのデザインの見本市」。
雑貨屋さんの買い付けバイヤーさんが見るようなプロダクト製品から、今流行のセルフリノベができるパーツ類まで展示されている素敵なデザインのモノ・コトは多岐に渡ります。

今年のコンセプトは「洋服を着替えるように、住まいを自分流にコーディネート」だそうです!個人的な話ですが、ヤマザキがインテリアに関わるものとして心に掲げたテーマの一つと同じで!何だか会場に入る前から嬉しくなってしまいました☆

毎日のお洋服を考えるが如く、4つの季節でお洋服を変えるように、インテリアも変えていっていいものだと考えています☆ こういうインテリアに関するフットワークの軽い考え方はどんどん浸透していってほしいし、お洋服を変えるような感覚のお手伝いをデザイナーとしてさせて頂きたいなあ?と!

【Gift Show 2017  LIFE×DESIGN】の今年の展示テーマは、大きく6ツのコーナーに区切られていました。
1.再新のデザイン雑貨と現代的なクラフトアイテムを発信するエリア
2.新進気鋭のクリエーターやデザイナーの新作発表の場
3.ニッポン伝統の技術がひかる各地方のブランドを出した日本ならではのコーナー
4.日本のモノ作りを支える「素材」を建築やアートに広げたもの
5.リノベーション家具やパーツなどのリノベーション情報がたくさんのエリア
6.リビング・ダイニング・バスなどのハイデザインのインテリアを集合されたエリア

約600社前後の企業さんがきていまして、来場者は50000人だそうです!スゴイ!
普段ワレワレがよく行く、建材や内装部品の展示会とは異なり、多くが雑貨屋さんのバイヤーさんに向けたプロダクト等のブースが多いのですが、【デザインされたモノ・快適なライフスタイルの提案】という目的でくくられている会場全体のパワーは、デザインに関わるものとしてマストは【わくわく感】を奮いおこしてくれました☆
デザインに対するエネルギーがこちらにもビシビシ伝わってきましたよー

今回残念ながら写真がNGだった為、琴線に引っかかったいくつかの企業様をご紹介します☆キートスのインテリアデザインで、これらの会社様のプロダクトが反映される日も遠くないかもしれません(*^_^*)

■三代目板金屋 さんのORIGAMIシリーズ■

江戸時代駿河の国(今の静岡県)では刀鍛冶の職人さんが多くいたそうです。そんな金属の芸術家と呼ばれる先人たちの感性や技術をルーツに、切り、曲げ、叩きの基本技術
磨きあげ、現代の感性と融合させたプロダクトが特徴です。
☆ここのブースはステンレスの美しい光沢と曲げの技術がカッコよく照明や家具に生かされていました!見たことない家具やシャープでクールな空間のアクセントが欲しいときにオススメです☆

https://www.bankin-ya.jp/products/item/origami/

■灰一株式会社さんのBO!NG洗面ボウルなど■

【世界初の柔らか素材×洗練されたフォルム】をコンセプトに掲げたスペイン製の洗面ボウルのブランドです。カラバリが10色で、フニフニっとした新しい感触に、たくさーんの人が集まっていましたよ☆お子様が角に触っても痛くないのでキッズスペースなどにGOODです☆ヤマザキもいつかキートス設計するお店でコンセプトが合えば、是非お客様に進めてみたいです。店舗デザイナーはもちろん、リノベを考えている施主さんにも魅力的ではないでしょうか?灰一株式会社さんは日本での正規取扱い店です。

http://www.haiichi.com/boing/#products

■モメンタムファクトリーさんの銅製品■

会社がある富山の高岡は400年の伝統を持つ銅器製造のまちです。そこで培われた千変万化の銅の表情を出す、職人さんたちの技術と現代のイマジネーションが組み合わさり、とても魅力的な色合いが出ているプロダクトばかりでした!
HAPSENTのスタッフも精力的にお話を伺っていましたよー!もしかしたらいつか商品を取り扱わせていただけるかもです(*^_^*) この独特の風合い、色合いは是非HPでご確認くださいね。ホンットウに銅の青が素敵です☆

http://www.mf-orii.co.jp/

ここにご紹介させて頂いただけでなく、まだまだ魅力的なプロダクトや材料がたっくさんあって、ご紹介したりないのですが、、、(;ω;)

鋭いセンスの若手のブースもたくさんあり、デザイン感度をアップロードできた一日だったように思います☆
またキートス、ハプセントメンバーで発見した素敵なモノ・コトを見つけましたらこちらでご紹介いたしますねっ☆☆

「東リ新製品発表会」\kiitosのイベント散策 vol.6/

前回はバンブーエキスポについて書かせていただきましたが、
今回は東リさんの新製品展示会へ…

コンセプトは【Refined Natural2016 (洗練された自然)】
%e6%9d%b1%e3%83%aa%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%82%b9
素材ありのままの自然や心地よさを追求したデザインのプリントタイルなどが追加されていました!なるほどなるほど、去年よりトーンが全体的に落ち着いてナチュラルな感じがでてきた印象。
ピッチとカラーの異なるものをミックスさせているものもあったり、去年とはまた違う東リさんのビニル床タイルばかりでワクワクしました。
昨年ほどの大幅リニューアルではないながらも、今回の新製品は【日本らしさ】を打ち出した床材が多かったです。
何でも、来たる東京オリンピックを意識したラインナップとのこと!
これから外国人の方向けの商業施設も増えるという見込みもあるからでしょうか(^-^)

ロイヤルウッド ロイヤルストーン
http://www.toli.co.jp/product_floor/royal/
%e6%9d%b1%e3%83%aa%e6%96%b0%e8%a3%bd%e5%93%81
ヤマザキが気になった製品も、JAPAN STYLEシリーズでした!
江戸や薩摩の切子細工の伝統文様を使ったり(ルミなーエンボスという手法でキラキラしていました)
%e6%9d%b1%e3%83%aa
日本全国の木材や石などをテーマに床材を展開しています!
http://www.toli.co.jp/product_floor/royal/japanstyle/

大谷石や信州檜の床タイル!(´∀`) 素敵です!
和を差し込みたいデザインのときとーーっても重宝しそうですね。

展示会は秋に集中するのですが、いつも新しい出会いがあります☆
常に新鮮なデザインを皆様にご提案できるように、デザイン感度をどんどんアップデートしていきたいです。

「BAMBOO EXPO 8」\kiitosのイベント散策 vol.5/

BAMBOO EXPO 8に行ってきましたー☆

この秋の時期はあっちこっちでデザイン関係の展示会が開催されるワクワクした時期です☆ヤマザキがいってきたマテリアルの展示会を少しご紹介します!

BAMBOO EXPOは、空間デザインや店づくりに関わる製品やサービスを集めた展示会形式のイベントです。
場所は東京都心 湾岸エリアの複合施設 「 TABLOID 」。
印刷工場をリノベーションして作ったオシャレなイベント複合施設です。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%bc

約40前後の企業さんがきていまして、普通の展示会ではお会いできないような企業のかたもたくさんで初めてみる素材がたくさんで、
これから使ってみたい素材がたくさんありましたよー。夜はサントリーさんのウイスキーを片手にイベント参加できるようでした☆
ミニマムな空間に、各社さんが一番【魅せられる】素材を展示しているので、デザイナー側もコンパクトに廻れて、大変おすすめのイベントです。
マテリアル素材が多いですね。

BAMBOO EXPO 8出店企業様リスト
http://www.bamboo-expo.jp/events/index.html

ヤマザキは株式会社キャルさんの【who】という壁紙のブランドがお気に入りでした!
http://whohw.jp/about/

who

空間デザイナー目線やクリエイターのかたがデザインされたクロスがたくさんありました。
見せ方もクロスのポストカードやエコバックも展示していて、手に取りやすいアイテムを使った素敵な見せ方でした。
HPを是非チェックしてみてください☆

次回は東リさんの新製品展示会へ…GO!

【次は何が来る?次世代トレンドインテリア/ヤマザキ日記】

こんにちは★デザイナーのヤマザキです。
久々のブログ更新でアップの仕方を忘れてしまいました。。。
もっといろいろ発信していかなければと褌締め直しております。
さてさてキートスのブログでも、何度も取り上げています、
「男前インテリア」「インダストリアルデザイン」「塩系インテリア」・・・などなど。
まだまだ内装、インテリア市場ではこのデザインが席巻しているといって
過言ではありません。
しかし、ファッションほどはサイクルは早くないにせよ、
内装の世界も「トレンド」は確かにあり、内装デザイナーとしては
いち早くキャッチして、お客様が求めるお店に取り入れていかなくては
なりません。
前置きが長くなりましたが、2017年にインテリアで「クる!」と言われているもの
をいくつかピックアップしてみました★
どれか気になる、流行りそう!なのかを予想してみましょう!
[ジオメトリック]
ジオメトリックとは幾何学模様のことです。
70年代は女性のワンピースなどに用いられていた
柄といえば、イメージしやすいでしょうか?
あの時代ほど大胆な切り替えとは異なり、
新しい味付けをされたジオメトリックになりそうです。
ベーシックな空間にインパクトを与えてくれて、新鮮
な印象になりそうです。
 %e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%aa%e3%83%a1%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af
[ホームリー]
ホームリーとは、イギリス英語で”居心地の良い”という意味があります。
ホームリーの特徴は、居心地のいい色と素材。
やわらかなカラートーンでリラックスしてくつろげる空間です。
パステル系のトーンがおすすめです。
ラフなWOODと合わせても素敵な印象になりそうです。
%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%83%bc
[カッパー]
カッパー(copper)とは、「銅」を表す英単語です。銅というと、一般的には「ブロンズ」だと思いきや、
ブロンズは”青銅”、カッパーは”あかがね”と呼ばれる種類違いの銅なのです。
メタリックなのに、暖かみふがある色あいが特徴です。
ミラノサローネで取り上げられたことがきっかけとなり、日本でも”2017年の色”と謳われています。
ピンクベージュ、モノトーンとの相性が特に良いですが、マテリアルでいうと
木でも石でも何にでも合いそうなカッパー素材。
主張しすぎない存在感でどんなインテリアとも自然に馴染みそうですね!
 %e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc
どうでしょう?いくつか、次世代トレンドのデザインになりそうなテーマを取り上げました!
また「インダストリアルデザイン」に次ぐデザインを探していきたいと思います★

【 ☆インテリア探索 IN 新宿伊勢丹☆ 】

みなさんは百貨店に対してどんなイメージを持っていますか?

・高級感があって信頼できる ・品質が優れている  ・接客がよい

などなどの理由ではないでしょうか? 百貨店の売上の主力商品であるファッションはもちろん 実はインテリアフロアーもとっても感度が高くて素敵なんですよ☆

今回は新宿伊勢丹の本館5階のリビングフロアーのほんの一部ですが 探索してきました☆

3月に16年ぶりの大改装をしたこのフロアーは全体が老舗百貨店! というより、セレクトインテリアショップの集合体という感じです。 トレンド感溢れまくっちゃってる フロアーとなっており、青山や自由が丘のインテリア専門店まで足を伸ばさなくても、正直ヤマザキもこんなに揃っちゃってるんだー!と感動でした。

カッシーナ E1426479709004_20

キートスが今進行中の物件でも検討中のエアプランツも たくさんありました。エアプランツをドームのなかから吊るして 非日常感を演出!  お店作りでも重要な「非日常感」を一角の小さいコーナーでも素敵に演出されていました。

IMG_0607 (2)  IMG_0608

そして只今、5階のウェストパークという催事コーナーで 期間限定で 日本のカッコイイを集めたお土産さん【カタカナ katakana】 さんが出店しています。こちらは自由が丘が本店の素敵SHOPです☆ コンセプトが、ふらっとお店にきてくれた方に「わ!かわいい!」「全部 日本のものなんだー」 と感じて頂けるようなものをセレクトしていらっしゃるそうです。 たくさんの女子が「カワイイ!」「これ絶対買う!」と盛況でしたよ。 11月10日までらしいです。お早めに☆

katakana2  katakana

こちらのコーナーの正面には、クリスマスステーションなる クリスマスグッズのコーナーが! こちらオーナメントの迫力や 圧倒的なキラキラ感が秀逸です! 「やっぱり伊勢丹のクリスマスステーションよね〜」 とマダム達も仰っていましたよ。素敵なクリスマスデコレートできそうな アイテムがたくさんでした。これからクリスマスまでのカウントダウンで 街もショーウインドーもどんどんキラキラになりそうですね。

IMG_0611  IMG_0612

【男前インテリア】のスタイルとは?

こんにちは!
デザイナーのヤマザキです。

インテリアデザイナーのお客様とのお仕事の始めの段階で、
お客様のつくりたいお店像の輪郭を探っていくという作業があります。
キートスデザインでは、ここを最もしっかり詰めるべき作業だと考えており、
「どのようなお店にしたいか」と伺うコンセプトシートをしっかりお客様
とつくっていきます。

お店作りが初めて!というお客様の頭にもイメージが湧きやすいような
ことばを探していき、○○風、■■スタイル、△△テイストなどのイメージ
写真をお見せしたりすることで目指すお店のテイストを探っていきます。
イメージを探す作業は大変ではあるのですが、お客様の「それそれ!」というイメージ

ぴったりのものを提案出来た時のお顔が見れた時はとっても私たちも嬉しくなります!

さてさて!2014年頃から、カフェやリノベーションマンションのインテリアのトレンド
となっているのが、その名も【男前インテリア】です!
2015年のミラノサローネでも、【男前インテリア】テイストのブースが数多く見られました!

in ミラノサローネ

in ミラノサローネ

【男前インテリア】の定義

・男前という名のとおり、男っぽいカッコいいインテリア
・ジャンク、ヴィンテージ、無骨で素材の味をそのままなテイスト
・業務用デザインをクールなデザインの一部として入れる

配管むき出しのような棚受け

otokomae-topimg2

sh8

industrial-kitchen12

Industrial-Kitchen-Designs-25-1-Kindesign

ヤマザキの中ではこのようなスタイルは「ニューヨークブルックリンスタイル」とか
「メンズライクスタイル」と定義づけていたのですが、
今は【男前インテリア】というのが一つの主流のようです。
北欧風、西海岸風、に続いてスタンダードになりつつあるスタイルのようですね。

ご提案の際には最新のトレンドテイストもどんどんお見せしていきたいと思います!

【カスケード原宿】へ行ってきました!

10月3日に原宿駅から徒歩2分の場所にあるカスケード原宿に行ってきました。
連日テレビや雑誌で取り上げてられるNEWスポットですね。

コンセプトが「都会で働き、遊ぶ大人たちが集まりたくなる、
オシャレでくつろぎながら美味しいものを食べられる 大人のための新スポット」

とのことで、若者の街原宿にありながらも、ターゲットは「オトナ女子」!
オトナ女子ど真ん中のヤマザキが興味シンシンで行ってきました。

通りから入り込んだ路地の中に、それはいきなり登場します。
テラスと植栽が幾重にも重なる開放的な空間がとっても気持ちいい雰囲気です。

高低差のある道に対して、通り抜けができる路地をつくったとのこと

高低差のある道に対して、通り抜けができる路地をつくったとのこと

3階から地下1階までの吹き抜け空間にはテラスと植栽が幾重にも重なる開放的な空間。
吹き抜け空間は3階から見下ろすとぐるぐるとらせん状にも見えます。
ちょっと視線をずらすと原宿の裏路地の空気感も味わえますよ!

3階から吹き抜け部を見下ろすとこんな感じです!

3階から吹き抜け部を見下ろすとこんな感じです!

裏路地は静かで緑がいっぱいで原宿の隠れ家という雰囲気

裏路地は静かで緑がいっぱいで原宿の隠れ家という雰囲気

テナントは日本初上陸のお店が3店舗も!ピザ専門店、カップケーキショップ、台湾茶カフェ、
モダンメキシカン、、、などなど!
各お店のインテリアもオシャレで開放感のある気持ちの良い空間ばかりでした。
ひとつひとつのコンセプトに沿った内装になっているので、
お食事やカップケーキの行列に並びがてら、各ショップのインテリアにも注目してみても楽しそうですね!

ヤマザキが入ったメキシカンのお店。壁にはメキシカンプロレスのマスクが描かれていたり、インテリアとしてマスクを飾っていました

ヤマザキが入ったメキシカンのお店。壁にはメキシカンプロレスのマスクが描かれていたり、インテリアとしてマスクを飾っていました

もちろん日本初上陸のカップケーキをしっかり並んでGETしてきました!

日本初上陸のイギリスのカップケーキ!お土産の女子ウケばっちりです

日本初上陸のイギリスのカップケーキ!お土産の女子ウケばっちりです

カスケード原宿公式HP
http://cascade-harajuku.com/

【展示会に行ってきました!】\東リ新商品 IN 飯田橋/

デザイナーのヤマザキです!
先日飯田橋で開催されたインテリア総合メーカー東リさんの新製品発表会に、キートスデザインチームで行ってきました!
IMG_9764
お店のインテリアに使われる壁紙や床材は何年かに一度、新製品を発表しカタログを刷新します。
インテリアにもファッションと同じようにトレンドのカラーや素材があり、その年の流行の素材を使ってると、
お店に来るお客様にもさりげなく意識下に「トレンド感」を感じて頂けるので、新製品のチェックは私共もワクワクしながら行っています。

今回の東リさんは各種床材の新製品を発表していました!
タイルカーペットを「景趣」「粋美」「多彩」「優雅」「正統」
という独自のカテゴリー分けをされていました。
粋!なるほど!わかりやすい!とうなずける分け方でした。
個人的な見解ですが、横文字より、「和」っぽいことばだと、スーッと頭の中でイメージが広がる気がします。
IMG_3686
カタログで見て、サンプルの小さいものだけでは
「ちょっと派手かなー」
と思えるような柄でも敷き詰められていた空間は美しく圧巻でした!
デザイナーのタニグチは今進行中の物件のタイルカーペットも今回の新作に変更しようかな….とついつい検討し始めております。
IMG_9772
グラデーションがついていたり、東リさんお得意のカーペットの毛の長さや編み方の変化で、タイルカーペットとは思えないくらいのグレード感が出ていました。
IMG_9485
他にも写真は禁止だったのですが、
1000円クロス(平米あたりN価格が1000円の安価なクロス)
の新作は、海外製品のような素敵な雰囲気のあるものが沢山出ていましたっ。
ご紹介できないのが残念ですが、東リさんの新作クロスの発表も待ち遠しいですね。