【ライティングデザイン①】 \受付廻りをエレガントに/

内装デザインで主役となるのはカラーコントロールや仕上げの質感、

以前お話ししたアクセントカラーですが、
照明計画が実は結構大きな要素となってきます。
雰囲気造りはもちろんの事、色味や質感の表現も照明によって大きく変わってきます。
中でも間接照明の使い方には特有の効果があり、

弊社でも様々な間接照明の使い方を実践しています。

haramedical0886

受付廻りには欠かせない間接照明→はらメディカルクリニック

inage barth clinic 2687

横長に入れてあげる事でスペースの長さが表現出来ます→稲毛バースクリニック

 

 

masu02

カーテンを利用するとその柔らかさは倍増→masu asianrelax

medical04

植物との相性も抜群→Medical Complex

shirakabashika03

シンプルなデザインにも一役買います→しらかば歯科

【恵比寿ガーデンプレイス20th Anniversary】 \メモリアルベンチプロジェクト/

先日打合わせて恵比寿を訪れたので、久しぶりにガーデンプレイスに寄ってみました。
ちょうど開業20周年を昨年迎えた様で、
「ピーターラビットハッピーガーデン2015」

20140525
等様々な催し物が行われていたのですが、メインストリートを奥に進む時になったのがベンチ。
絵が書いてあったり、色が塗られていたりと、様々に意匠されていました。
大分デザインの幅があるな〜、と思っていたら、地域の方々やアーティスト等総勢100名での
「メモリアルベンチプロジェクト」
というリニューアルだった様で、なるほどと納得。
既存のベンチだけど、木製で丈夫でまだまだ長持ち。そこへ手作り感のある色彩やデザインが施され、アートっぽいベンチに変身。

IMG_0333

IMG_0332

IMG_0334

IMG_0329

恵比寿ガーデンプレイスのコンセプトが感じられました。

▼恵比寿ガーデンプレイスのホームページ▼
http://gardenplace.jp/special/1410_20th/

【LOG ROAD 代官山】 \線路跡地の新しい商業施設/

ちょっと新しい施設をご紹介。

東横線が地下に潜り、線路跡地となった敷地に[LOG ROAD]という”集い”“憩い”“刺激”のある新しいカタチの商業施設がオープンしました。

IMG_0265
先日近隣を訪れたので立ち寄ったその施設は、

木使いや植え込みフェンスのナチュラルデザインベースにブラックで締めたり、ロゴのRed&Blueをアクセントカラーとしたデザインは、

IMG_0266

IMG_0268

しっかりと造り込まれた施設コンセプトが感じられ、

都会にありながら癒される、散歩道の様な空間になっていると感じました。

IMG_0273

IMG_0271

IMG_0270

ドーナツ屋さんに見えない様な可愛い、そして施設の木使いとは一線を画すデザインのお店も。

IMG_0272

まだまだ計画進行中の様なので、完成が楽しみです。

IMG_0275

▼LOG ROADのホームページ▼
http://www.logroad-daikanyama.jp/

【インダストリアルデザイン】 \既存を活かしたデザイン術/

内装費を掛けたくない。
飲食店でも、クリニックでもオフィスでも。必要費用は仕方ないとしても極力費用を掛けたくないのは皆さん同じ想いでしょう。
でも借りた店舗の状態によっては綺麗にするだけでベースとして掛かる費用が大きかったりする場合があります。
それも仕方のない事だけれど、なんとかその状態を活かして綺麗に”見せる”事は出来ないのか。
その一つのデザインとして、インダストリアルデザイン(工業製品のデザイン)が効果的な場合があります。
そのままだと製品のデザインになりますが、それを内装デザインに応用し、工場の様な、無骨で、男性的な、荒々しい種類のデザインですが、今では”工場萌え”と言う言葉が出てくる程に、
工場が素敵であったり、かっこ良かったりするのもトレンドの一つ。
そんな環境の内装を目指してみるのも一つです。

昨年お手伝いしたオフィスもそんな環境でした。

天高4mと高いのですが、いかんせん元々が倉庫の様な状態。

IMG_7503

こんな感じでした。この状態をなんとか極力手をかけずに、特に天井を貼ったりすると大きな工事になるので、それを解消しようと、既存を活かしたインダストリアルデザインとして統一感を持たせていきました。

その結果

esmile-b.a2

esmile-b.a1

いかがです?

既存の天井そのままに、大きなペンダントライトを付けて更に工場の様にし、内装を仕上げ、既存の階段も塗装。オフィスということもあり、あまりに工場的だと居住環境に優れないので、コーポレートカラーを取り入れ、明るい感じに仕上げました。

コチラの竣工写真も載ってますので是非ご覧下さい→WORKS

アクセントカラー〜挿し色の担う重要な役割〜

<Simple is the best.>
と言う言葉がよく使われます。
確かにあれもこれ持たしていったり、色や柄が多すぎると、内装全体がごちゃごちゃしちゃいます。
そしてシンプルなデザインは分かり易く、多くの人の共感を得るのも確かです。
でも、シンプルのみで終わってしまうデザインは、どこか殺風景でのっぺりとし、内装に表情が出ません。

何が足りないのか?

ずばりアクセントカラーです。
挿し色を効果的に使ってあげる事で、少量であってもその色に輝きが見えて、全体を引き締めたり、空間を仕切ったり、使った箇所だけでなく、空間全体に“温度”を与えることができます。
全体イメージを考慮していれば、真っ白い壁に赤い額縁をおいて上げても良いし、そこまで目立たなくても、モノトーンの中に真っ黒の床を貼って上げても効果的です。

また、アクセントカラーを使う場所は様々。
椅子で色を入れたり、ドアに色を入れたり、ペンダントライトで空間に色を入れたりも出来ます。

空間全体のカラーコントロールをしたら、最後にアクセントカラーについても少し考えると、空間デザインに息づかいが聞こえてきます。

こわぐちデンタルクリニック様

kowaguchishika01

落ち着きのある白ベースの待合室に壁面装飾で色を入れる→その他の写真

TSUDOI Cafe様

IMG_0459

シンプルに仕上げ、椅子をカラフルに、ペンダントをセカンドアクセントにと段階をつける→その他の写真

しらかば歯科様

shirakabashika06

診療室も色使いで分かり易く→その他の写真

Freewillトータルエデュケーション様

 

031

デスクの色を変える事で学習塾も楽しい雰囲気→その他の写真 

EUROSEED様

 

2IMG_2750

木使いの温かい店内にポップカラーの商品棚で目を引く→その他の写真

「お店を造る」という事ー開業を成功させる最大の秘訣

自分のお店・施設を作る、という経験を何回もする、という方は多くはないでしょう。一生に一度の事であったら、当然その過程は初めての事だらけです。でも、初めてだからといって、失敗は絶対にしたくありません。

「だから人に任せる。その為にデザイン会社にお金を払うんだから。」

こういったご意見もあるかと思いますが、多くのお店造りをお手伝いし、多くのオーナー様にお会いしてきた経験から申しますと、残念ながら、この考え方では失敗してしまいます。

「だって分からないんだから仕方ないじゃないか。」

確かにそうかもしれません。でも、

 

分からない事は何でも聞いて下さい。

分かるまで打合せしましょう。

そして”共に”造っていきましょう!

自分は施主であって、造るのはデザイン会社。

ではなく、

デザイン会社を”雇って”、自分の理想のお店がどうやったら出来るのか、コンセプトを明確にし、イメージを共有し、その“具現化”をデザイン会社に任せましょう。

そこまでして自分で生み出したお店なら、とてつもない愛情が湧き出てきます。

ちょっとイメージと違う所があっても、それを”味”として楽しめます。

そしてその“愛情”こそが、お店造りよりもずっと長い間大切になるお店運営の最大のモチベーションになってきます。コンセプトメイキングや事業計画に勝るとも劣らない、この

”愛情モチベーション”

こそが、お店を成功させる為に“造る”必要のある最大の要因です。

スクリーンショット(2015-04-10 17.15.34)

「お店を造ろうと思ったら」はコチラ

お花見 2015

みなさま桜の季節は堪能されましたか?

昨年はお世話になり、大分足を運んだ仙台の方はまさにこれからでしょうか。

僕は今年は3月最後の週末に友人達と砧公園に行ってきました。

その頃は開花はしていた物の、残念ながら満開とはいかず、

IMG_0054

まだこんな感じでした。

でもその週末も含め温かい日が多かったからか、翌週には各所で満開。

IMG_0127

お打合せに伺った六本木辺りでも。。。

IMG_0160

この日はお天気はあまりよくありませんでしたが桜はきれいに咲いていました。

と言う事で僕もお花見を仕切り直して。^^

IMG_0134