【オーダーメイド家具の最大のネックである製作コストは削減出来るのか?】 \店舗デザインのハテナ?vol.3/

だいぶご無沙汰してしまいました。
キートスの森下です。
前回まで
1.オーダーメイド家具と既製品家具の違い
や、
2.オーダーメイド家具に出来る事
と言った内容で書いてきました。
店舗特有の業務をスムーズに遂行する為の使い勝手や、
お客様を満足させ、お店の個性を表現するデザイン性
についてはある程度ご説明出来たかな、と思いますが、
依然皆様の関心の的であるコストについてはオーダーメイド=高いと言うままになっております。
それでは使い勝手やデザイン性を求めると、コストに関しては泣き寝入りしなければならないのか。今回はオーダーメイド家具のコストカットの方法をお伝えしたいと思います。
家具のコストを構成する要素として、【サイズ】【仕上げ】【機能】が挙げられます。
サイズは文字通り大きさのことで、当然ながら大きくなればなる程金額は上がります。
ただ、ここで一つポイントがあります。それは”取り寸”です。
例えば板を買ってきて3段の棚を作ろうとする際、一枚の板だけでは棚板が2枚しか作れず、もう一枚棚板を作ろうとすると、その材料をもう一枚買わなくてはならず、材料費は上がり、材料は余る、と言う不効率を生みます。
IMG_6091
材料1枚1万円だとすると、棚板2枚にすれば1万円で済みますが、もう一枚棚板を作る事によって費用が倍になり、2枚目の材料の5/6は廃棄になってしまうのです。
こういうロスをなくすため、材料となる板の寸法を考えながら家具のサイズを決めていくというのは一つの方法です。
板の場合は多くは3*6版(910*1,820mm)か4*8版(1,200*2,420mm)と言うサイズになります。
また、テーブルなどによく使う足もそうです。
真ん中1本脚か四隅に4本立てるのかは、使い勝手や見栄えもありますが、仮に1本脚なら¥9,000、4本脚は¥4,000*4本=¥16,000となるので、ここでもコストダウンが可能と言えるでしょう。
こちらはそれぞれ2種類もたくさんあるので、何を選ぶかによって単価は異なります。
次に仕上げについてですが、棚を作るにしても、下地を作ったのち、表面を塗装にするのか、化粧板と呼ばれるポリ板やメラミン板で仕上げるのか、もしくは一枚板の木を使用するのかで単価はそれぞれ異なりますし、こちらも面積により使う資材が増えたり、取り寸の絡みも出てきます。
中でも化粧板は家具でよく使用される仕上げ材ですが、
ポリとメラミンとは何が違うのか?
素材が違うのですが、ポリは安価で厚みが少しあります。
メラミンは丈夫で薄いのですが、少し価格が上がります。
ですので、扉の仕上げ等、あまり触れないところはポリ、机など作業する面に使用する場合はメラミンを使用することが多いです。
また色や柄はどちらも豊富にあるので、そこの差異はあまりないかと思います。
最後に機能についてですが、ここが一番選択肢の幅は多いです。
棚の場合、先ほどの話の様に棚板の枚数にもよりますし、扉の有無や、その扉の鍵の必要性、またはキャスターをつけるとその費用が追加されるのはもちろん、可動性を持たせるため、棚自体に強度を持たせる必要が生じるため、全体への補強もプラスされます。
この様に様々な要素によって家具は造られていきますので、少しずつコストカットしていくと、全体の費用は下げられます。
ただ、これらのことを考慮しながら、店舗全体の空間を捉えつつ、
というのはなかなか難しい事でもありますので、
頭の片隅に入れておけたら良いのかな?と思いますし、
これらの内容はオーダーメイドに限らず、既製品を作る上でも同様な費用がかかります。
ですので、既製品家具を見ていて、安い!もしくは高い!と思ったら、そのような要素が絡んでいるのでは?と推察してみて下さい。
最後の方で駆け足になってしまいましたので、仕上げ材についてもあまりお伝えできませんでしが、もしもっと詳しく掘り下げて知りたい、というワード等がございましたら、
こちらからいつでもご質問下さい。
お問い合わせ:https://www.kiitos-design.com/contact/
Facebook:https://www.facebook.com/kiitosdesign
twitter:https://twitter.com/KIITOS_DESIGN