スプリンクラーの設置義務

先日店舗経営者の方から、スプリンクラーの設置について質問いただきました。

Q:消防法のスプリンクラー設置条項に引っかかっているようで、現状の店舗客席を少し減らして、消防署に確認して貰わなければならなくなってしまったのです。 客席として使わない良い回避策があるものでしょうか? 縮小しての対応だと、図面の作成が必要になるそうです。
(飲食店経営@曙橋)

A:スプリンクラー設置義務に関しては、 不特定多数の人の出入りのある比較的大きな規模の建物の場合必要となってきます。
こちらの場合、 飲食店で、通常6,000㎡以上、地下や窓の無いお部屋では1,000㎡以上、4〜10で1,500㎡以上となります。
ただ、スプリンクラーの設置に関しては、
標準型で横3m(耐火建築で3.2m)以下、対角線で4.2(耐火建築で4.6m)以下の間隔でつけていく様にという決まりはありますが、
客席数に応じての一般的な消防法の規定は存じ上げません。
もしかしたらその地区や、管轄の消防署の定め(ローカルルールの様なもの)かもしれませんので、 スプリンクラーの設置や客席を小さくする以外の代案はないか、消防署にご相談してみるといいかもしれません。
最低限何をしたら対応したことにしたかを担当の方と明確にしておかないと、
仮に対応したとしても、やり直しになることもありますし、
スプリンクラーは配管があっても1個10万前後の設置費がかかる可能性がありますので、まずは是正策を明確に取り決める協議をされることをお勧めします。
kiitos design

こちらあくまで基本内容ですので、地域や条件によって落とし所はそれぞれです。
皆様もお困りごとがございましたら下記までお問い合わせください。
info@kiitos-design.com

※仕事の都合上すぐのお返事ができない場合もありますのでご了承ください。

スクリーンショット 2018-07-10 16.22.46
https://www.kiitos-design.com/wp-content/themes/kiitos/pdf/howto_comic.pdf