アクセントカラー〜挿し色の担う重要な役割〜

<Simple is the best.>
と言う言葉がよく使われます。
確かにあれもこれ持たしていったり、色や柄が多すぎると、内装全体がごちゃごちゃしちゃいます。
そしてシンプルなデザインは分かり易く、多くの人の共感を得るのも確かです。
でも、シンプルのみで終わってしまうデザインは、どこか殺風景でのっぺりとし、内装に表情が出ません。

何が足りないのか?

ずばりアクセントカラーです。
挿し色を効果的に使ってあげる事で、少量であってもその色に輝きが見えて、全体を引き締めたり、空間を仕切ったり、使った箇所だけでなく、空間全体に“温度”を与えることができます。
全体イメージを考慮していれば、真っ白い壁に赤い額縁をおいて上げても良いし、そこまで目立たなくても、モノトーンの中に真っ黒の床を貼って上げても効果的です。

また、アクセントカラーを使う場所は様々。
椅子で色を入れたり、ドアに色を入れたり、ペンダントライトで空間に色を入れたりも出来ます。

空間全体のカラーコントロールをしたら、最後にアクセントカラーについても少し考えると、空間デザインに息づかいが聞こえてきます。

こわぐちデンタルクリニック様

kowaguchishika01

落ち着きのある白ベースの待合室に壁面装飾で色を入れる→その他の写真

TSUDOI Cafe様

IMG_0459

シンプルに仕上げ、椅子をカラフルに、ペンダントをセカンドアクセントにと段階をつける→その他の写真

しらかば歯科様

shirakabashika06

診療室も色使いで分かり易く→その他の写真

Freewillトータルエデュケーション様

 

031

デスクの色を変える事で学習塾も楽しい雰囲気→その他の写真 

EUROSEED様

 

2IMG_2750

木使いの温かい店内にポップカラーの商品棚で目を引く→その他の写真

---------------------------------------------------------------------------
オフィスや飲食店等の店舗デザイン・内装デザイン
キートスデザイン株式会社
〒110-0005 東京都台東区上野5-22-1 INOUE BLDG.
TEL:03-3832-3040
URL:https://www.kiitos-design.com
---------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です