シンプルイズザベスト!\デザインスタイル vol.2/

前回のデザインスタイルでは”ナチュラルデザイン”についてでしたが、今回はナチュラルとよく混同されがちな
”シンプルデザイン”
について掘り下げてみたいと思います。
まずは前回のおさらいですが、”ナチュラルデザイン”は自然素材である、木・石・土等で仕上げるデザインの事で、木の色・石の色・土の色等いわゆる”アースカラー”を用いるようなカラーコーディネート等も含まれる、ということでした。
もちろん、それらの仕上げやコーディネートでシンプルにまとめ、”シンプルデザイン”を造り上げることも可能です。
ただ、”シンプルデザイン”は自然素材を使用しなくとも、<シンプル>であれば良いのです。
モノトーンで仕上げたり、ホワイトで統一したり、自分から目に飛び込んでくるようなデザインではなく、ひっそりと脇役に徹し、長時間過ごすと、じわじわとその存在を優しく感じる、と言った雰囲気でしょうか。
ナチュラル+シンプル=ナチュラルシンプルデザイン
と言ったように、
ナチュラル素材でシンプルにまとめていく、と言うことも可能で、
そういう意味ではこの2つは他のデザインスタイルとの組み合わせで使われることも多く、
ナチュラル+ポップ=ナチュラルポップデザイン
とか、
シンプル+モダン=シンプルモダンデザイン
等幾つもの組み合わせが可能です。
内装空間を造る際、ありがちな間違いになりやすいのが、
やり過ぎて全体がごちゃごちゃになって、収拾がつかなくなったりするデザイン。
クロスや床材、家具や照明等それぞれに見るとカッコ良かったり可愛かったりするものを、全て一堂に会するとまとまりがつかなくなってしまうことってありますよね。
そんな時はまずはシンプルデザインで構成していくといいと思います。
まずは白や黒等当たり障りのない色で検討し、
あまりに間延びしてしまいそうな時に、
テーブルだけ、とか、ペンダントライトだけ、といった具合に存在感のあるアクセントを用いる。
すべての基本はシンプルから、ということです。
ただし、Simple is the best! を間違えてご理解なさらないで下さい。
空間全体を真っ白にする!
といったような構成は、ただのSimpleであり、コーディネートをサボっているのでは?
と見えてしまうことが多いですので。。
いかがですか?
今回はシンプルということでしたが、要はその言葉のままに、
「あまり装飾せず、万人が和める空間。」
というのがシンプルデザインの真骨頂かと思います。
今回も”ハプセント”の方では違った視点で言及してますので、ご興味のおありの方は是非→HAPSENT BLOG
optimista01
木と白でまとめた柔らかい印象のスタジオ→optimista
kowaguchishika011
アクセントカラーを上手に用いたスタイリッシュな歯科医院→こわぐちデンタル
life02
床のブルーとマシーンのワインレッドが効果的なカフェ→LIFE
medical01
シンプルな中にも大理石と間接照明で高級感を演出→Medical Complex
---------------------------------------------------------------------------
オフィスや飲食店等の店舗デザイン・内装デザイン
キートスデザイン株式会社
〒110-0005 東京都台東区上野5-22-1 INOUE BLDG.
TEL:03-3832-3040
URL:https://www.kiitos-design.com
---------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です