【クールに決めたきゃ時にはガマン?!】\デザインスタイル vol.6〜クールデザイン〜/

内装においてはあまり聞きなれないかもしれない「クールデザイン」。
でも、日本語の意味においての”デザイン”である限り、アパレルでもインテリアでも、デザインの種類を表す言語ではある種の共通性はあります。
アパレル・ファッションにおける”クールスタイル”とは、
モノトーンやゴールド・シルバー色を中心に、
シャープな形の洋服を、
アダルトに、洗練された着こなし、かと思います。
内装に置き換えてもキーワードは同じこと。
カラー:ブラック、シルバー等
形:丸み、というよりはシャープ
柄:無地、ストライプ等絵柄というよりは洗練された模様
ここに内装ならではの要素として
素材:アルミ等金属系、ガラス、ミラー、ウッドより石タイル
照明:電球色よりは蛍光色、間接照明、高輝度
が入ってきて、
全体的に、マットというよりはツヤ有りの構成になると思います。
Coolは英語でも”かっこいい”という意味で使われるように、
デザインにおいてもすっきりとしたかっこよさを表現する言葉ですが、
同時にCoolが持つ本来の意味である”涼しい”問いう部分も同時に表現されてしまうのが、
わかっていながら、実はあまり強調されない、このクールデザインの特徴ではないでしょうか。
逆の見方からすると、
温かみを内装で表現する場合、
木の素材を活かし、
暖色系のオレンジ等のカラーコントロールをし、
電球色で温かみを持たせる、
というのがオーソドックスな内装デザインかと思いますが、
上記の要素はすべてクール素材では省かれます。
冬のアパレスファッションでも、
「おしゃれしたいなら多少寒いのは我慢。」
と言った発言はよく聞きますが、
内装デザインにおいてもクールスタイルを取り入れると、
・温かみ
・アットホーム
と言ったコンセプトはどうしても排除されますので、
それらの要素が必要な、例えば、
・エステサロン
・鍋が売りの飲食店
等の店舗デザインにクールスタイルを取り入れる場合は<要注意>となりそうです。

全体をブラックのアルミパネル中心で構成したファサード。

ガラスのFIX窓と把手のゴールドがアクセント。
josies-well01
Bar Josie’sWell

コンクリート打ちっ放しの建物に、ステンレス製の逆ハコ文字サインがスタイリッシュ。
life01
LIFE

モザイクタイルとゴールドを煌びやかに輝かせた圧巻の受付カウンター。
gltmedocalclinic01
GLT Medical Clinic

---------------------------------------------------------------------------
オフィスや飲食店等の店舗デザイン・内装デザイン
キートスデザイン株式会社
〒110-0005 東京都台東区上野5-22-1 INOUE BLDG.
TEL:03-3832-3040
URL:https://www.kiitos-design.com
---------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

---------------------------------------------------------------------------
オフィスや飲食店等の店舗デザイン・内装デザイン
キートスデザイン株式会社
〒110-0005 東京都台東区上野5-22-1 INOUE BLDG.
TEL:03-3832-3040
URL:https://www.kiitos-design.com
---------------------------------------------------------------------------