世で言う”いいお店造り”とは?〜いいお店について考えてみよう〜 vol.1

やたら暑い日が続いている中、
頭が沸騰してきたので、少し冷ます意味で、だいぶサボってきたブログを更新してみようと思い立ちました。。

というのも、先日、とあるミーティングでプレゼンする機会があり、
その際の内容を少しこちらでもシェアしようと思ったわけです。

今回のテーマは「いいお店とは?」
スクリーンショット 2019-08-09 13.52.52
店舗を開業される方は皆「いいお店」を造りたいと願っていると思います。
そして、私たちも「いいお店」を造ります、とお約束しているわけです。
では、そこで述べる「いいお店」とは?
もちろんその定義は様々あると思いますし、個人によって、また立場によってプライオリティを置くポイントは異なることも事実です。
でも今回は、
スクリーンショット 2019-08-09 13.53.03
1.世で言う”いいお店”造りとは
2.なぜキートスデザインに”いいお店”が造れるのか
3.”いいお店”に必要な条件とは
という点に絞って、
僕個人の視点からお話ししたいと思います。

スクリーンショット 2019-08-09 13.51.59
本日は【1.世で言う”いいお店”造りとは】
というところから。
いいお店作りとは、ズバリ、「内装デザイン×コンセプトメイキング」です。
スクリーンショット 2019-08-09 13.52.29
みなさん開業される時、コンセプトってどの程度造り込まれますか?
弊社のクライアント様も様々です。
すご〜く造りこんでいて、もうこのまま図面作業に入れるのではないか?
という場合もあれば、
そういうのは苦手だから任せる、
という場合もあります。
弊社ではコンセプトメイキングからお手伝いしているので、
どちらの場合でも大丈夫なのですが、
いずれにせよコンセプトがないと始めることが出来ません!
ではその”コンセプト”って何か?
簡単に言うと、5W1Hのことですね。
”いつ・誰が・どこで・何を・どのように・どうした”
という内容ですが、
もう少し店舗に特化した内容で言うと、
”どんなお客様が・いつ・どんな時に・どのようなタイミングで・誰と・いくら使うか”
といった感じに置き換えられるかもしれません。
一言で言うと『ペルソナ』を決めるのです。
ペルソナについては今度またお話しします。
そうやってターゲット、マーケットを決め、
それに適したデザイン、予算、機能、レイアウト等をまずは言葉でまとめていくのが
コンセプトメイキング
になります。
コンセプトの詳しい作り方はこちら→コンセプトメイキング
スクリーンショット 2019-08-09 14.04.27
そうして決めたコンセプトを基に、図面作業に入っていくわけです。
ゆえに、コンセプトを作らないことには何も始まってこない、というわけです。

ではなぜそれほどまでにコンセプトが大事なのか。
次回以降その大事な理由、
・「内装デザイン×コンセプトメイキング」がずれるとリピートしない
・リピートしないとお店の売り上げにおける未来はない
・キートスデザインではどのようにしてコンセプトを具現化していくか
といった内容に続いていきます。

---------------------------------------------------------------------------
オフィスや飲食店等の店舗デザイン・内装デザイン
キートスデザイン株式会社
〒110-0005 東京都台東区上野5-22-1 INOUE BLDG.
TEL:03-3832-3040
URL:https://www.kiitos-design.com
---------------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

---------------------------------------------------------------------------
オフィスや飲食店等の店舗デザイン・内装デザイン
キートスデザイン株式会社
〒110-0005 東京都台東区上野5-22-1 INOUE BLDG.
TEL:03-3832-3040
URL:https://www.kiitos-design.com
---------------------------------------------------------------------------